--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Wed.

沖縄・米空軍嘉手納基地:劣化ウラン弾40万発を保管

劣化ウラン弾は既に日本の中に40万発も入り込んでいた。
「平和大国」を謳う唯一の被爆国は、また一つ説得力を失った。
20060802033331.jpg

【劣化ウラン弾の影響で生まれた無脳症の乳児】

沖縄・米空軍嘉手納基地:劣化ウラン弾40万発を保管
毎日新聞 2006年8月2日


 沖縄県の米空軍嘉手納基地に01年当時、約40万発の劣化ウラン弾が保管されていたことが、米情報公開法に基づいて米空軍が公開した資料で分かった。湾岸戦争(91年)で米空軍が使用した劣化ウラン弾の約半分に相当する量となる。同基地は00年5月、劣化ウラン弾を弾薬庫に保管していることを明らかにしたが、具体的な量が明らかになったのは初めて。

 米ハワイ州在住の米国人平和活動家、カイル・カジヒロさんが01年2月、米太平洋軍の劣化ウラン弾に関する全記録の公開を請求。米空軍は同年8月、「嘉手納基地と韓国の烏山(オサン)空軍基地から提供された記録」として公開した。

スポンサーサイト
03:37 | 日米軍事同盟(米軍再編問題) | comments (2) | trackback (-) | page top↑
Sun.

「やられる前にやりかえせ」 ミサイル防衛

 案の定というか、日本政府のミサイル防衛計画というものに、相手国のミサイル基地への先制攻撃を含めるべきとの考えが登場してきた。かつて、アメリカがミサイル防衛計画を打ち出したとき、こんな計画を実施すれば中国がさらにミサイル開発をすすめ、新たな核開発・実験を繰り返すと非難された。そしてそれは現実のものとなっている。
 ミサイル防衛・しかも先制攻撃を考えるなら当然私たちも北朝鮮へ向けて発射実験をすることになる。私たちは永遠のミサイル発射実験合戦を始めるのか。そこにかかるコストは計り知れず、しかもその効果は確定的なものでは全くない(あたるかどうかすら分からない)が、お互いに牽制し合うために巨額のお金を垂れ流すことになるだろう。
 ちなみに日本版BMD(ミサイル防衛計画)に使われるミサイルは、主にアメリカのパトリオット・ミサイルだ。日本は、アメリカの兵器を購入しているが、そのほとんどが極めて割高で購入させられている(それが世界2位の軍事費でありながら世界2位の軍備を持っていない理由だ。かつてF15戦闘機の購入について「ライセンス国産でもコンピューターは米国から買わねばならない。こちらは従来のものでもいいが、もう旧型は製造しないといわれ、換えざるをえない。これで、また億近い値上がり。国産品だったら高い安いの交渉もできるが、米国から買い入れるものは、ほとんど向こうの言いなりです」と、ある担当者が打ち明けた」(1985.12.19朝日))との報道もあった。この計画でアメリカにまたどのぐらいのお金が流れ込んでいくのだろう。
 いずれにしても日本のように国土が狭いくせに、原子力発電所を乱立する国(ほとんど中東と米国からしか石油資源を購入できないため)は、それだけでウィークポイントだらけで、1発当たればおしまいだろう。ミサイルの撃ち落としが100%できるといえなければミサイル防衛なんて何の意味もないだろう。
 私たちは「やられたらやり返すぞ」とか「やられる前にやりかえすぞ」という「脅威」を与える考えを早く捨てないと本当に取り返しのつかないことになるかもしれない。北朝鮮にしてみれば、あまりにも信じられないほどの暴挙であるイラク戦争を起こしたアメリカの最前線基地の日本が、信じがたいほどの「脅威」となっていることは当然だろう。 よく「アメリカに守ってもらっている」などという声もあるが、無法な戦争国家アメリカの基地があるからこそ、私たちは「脅威」にさらされているのではないのだろうか。
 

敵基地攻撃能力の検討を・防衛庁長官
日経 2006年7月9日

 額賀福志郎防衛庁長官は9日、記者団に対し、北朝鮮の弾道ミサイル連続発射を踏まえ、現在自衛隊が保有していない発射基地などへの敵基地攻撃能力について「独立国家として、一定の枠組みの中で、最低限のものを持つという考え方は当然だ」と述べ、憲法の範囲内で可能な装備を検討すべきだとの考えを示した。
 ただ「自民党、与党内での合意が必要だ」とも述べ、当面は自民、公明両党内の議論の進展を待つ意向を明らかにした。
 これに関連し麻生太郎外相は同日のNHK番組で「(核が)ミサイルにくっついて日本に向けられているのであれば、被害を受けるまで何もしないわけにいかない」と述べ、一定の条件の下で北朝鮮のミサイル基地攻撃は自衛権行使の範囲内との見解を示した。
 額賀氏は同日のフジテレビ番組で敵基地攻撃に関し「敵国が確実に日本を狙って攻撃的手段を持ち、ピストルの引き金に手をかけたようなときは、日本を守るため(攻撃の)判断が許されると解釈される」と述べた。
〔共同〕

19:54 | 日米軍事同盟(米軍再編問題) | comments (3) | trackback (-) | page top↑
Wed.

明日(6/8)のTV 「変貌する日米同盟」

明日、6/8、6/9と2回シリーズでNHKスペシャル「変貌する日米同盟」が放映される。NHKが公表している番組内容は以下のとおり。

「ことし5月、日米政府は3年にわたる協議の末、在日米軍再編の最終報告に合意。沖縄海兵隊8000人のグアム移転など「基地負担の軽減」が盛り込まれた一方で、自衛隊と米軍の一体化を推し進める「同盟の抑止力強化」が強く打ち出された。この日米同盟の変貌は、基地の地元、国民一人一人の生活に何をもたらすのか。交渉の過程で政府はどんな針路を選び取ったのか。そしてそれは、本当に我々に平和と安全をもたらす選択なのか。米軍再編(=日米同盟の再編)を2回シリーズで多角的に検証する。」

 ここで注意すべきなのは、NHKが在日米軍の再編を「日米同盟」とはっきり呼んでいることだと思う。この問題は、米軍再編というよりも日米軍事同盟の変化というのが最も適している。在日米軍の配置問題ばかりが新聞紙上を騒がせている。
 しかし、米軍再編の内容を決めた日米安全保障協議委員会(2+2)中間報告・最終報告では、日本の国土防衛・専守防衛という目的を超えて、地球的規模でのアメリカとの軍事的共同という日米同盟の本質的な転換が約束されていたからだ。

 北朝鮮が攻めてきたらどうするのという議論でとまどっている間に、どんどん日本はイラク戦争のような海外での侵略戦争ができる国にすすもうとしているのかもしれない。
12:19 | 日米軍事同盟(米軍再編問題) | comments (3) | trackback (-) | page top↑
Tue.

恐喝か...米グアム移転費を強く要求

 6/4、日本が約7000億円を支出することになったグアムへの在日米軍移転費(米軍再編全体では3兆円と米側は発表、日本は具体的金額は決まってないと否定)を米国が日本へ「本当に払えるんだろうな」としつこく詰問。日本の額田防衛庁長官は「ご心配かけないようにします」と言ったとか。本当に米国と日本の関係はジャイアンとスネ夫(いやのび太?)の関係に通ずる。
 おまけに、額田長官の「ご心配かけません」発言の後のラムズフェルドの言葉が、
 「グッド」(「ビッ」と親指たてて言ったのか!言ったんでしょ!)

・・・情けないにもほどがあるなぁ。




「グアム移転費出せる?」 米国防長官が質問攻め

朝日2006年06月04日21時43分

 日米両政府が最終合意した在日米軍再編をめぐり、ラムズフェルド米国防長官
が4日の額賀防衛庁長官との会談で、在沖縄海兵隊のグアム移転などの再編計画
の実現が、予算面で担保されるのかを繰り返し問いかける場面があった。

 日本側の説明では、ラムズフェルド氏が額賀氏に「特別の予算措置を考えてい
るのか」「別枠の予算ということか」と尋ね、さらに「日本の防衛関係費は国内
総生産(GDP)の1%程度だが、海兵隊のグアム移転費を出せるのか」などと
矢継ぎ早に質問した。

 額賀氏は再編経費について、中期防衛力整備計画とは別枠の措置を検討すると
同時に「財政事情が厳しいので、全般に予算の合理化も図る必要がある」と説明。
「ラムズフェルド長官に心配をかけないように最大限の努力をしていきたい」と
述べ、ラムズフェルド氏はようやく「グッド」と答えた。
00:45 | 日米軍事同盟(米軍再編問題) | comments (4) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。