--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Mon.

シオニスト小泉批判  アラブの声より

 日本では、ほとんど報道されなくなった小泉首相の行動だが、諸外国からの批判は依然続いている。イスラエルがレバノンへ空爆を始めた丁度その時期にイスラエルを訪問していた小泉首相の無思慮な行動に批判が集まっている。
「この男は最も下劣な米国の尻尾で、米国人の最も忠実な犬だ。」
との読者の意見、実に的確....。



以下「アラブの声」より引用-------------------

小泉、シオニストへの忠誠を誓う
2006/07/17(月) 18:40:48
كويزومي ,,,, صهيونيا

小泉、シオニストへの忠誠を誓う

日本では問題にされていないようだが、イスラエル訪問中の小泉首相がキッパというユダヤ教徒の帽子を被り、ホロコースト博物館を訪問している写真がアラブ人、イスラム教徒の激憤を買っている。12日付のイラク・パトロールは激しい口調で論評した。
------------
 日本の首相、小泉はシオニストへの忠誠義務を果たした。小泉を含むシオニストたちが向かう地獄の業火を象徴する火を崇拝すべく、ユダヤ教徒の帽子を被ってシオニスト政体(イスラエル)のホロコースト博物館を訪問している。

 中東における日本の役割を強化することが訪問の理由だ。無論、それを実行するには、テルアビブを経由しなければならない。
----------
【読者の書き込み】 この男は最も下劣な米国の尻尾で、米国人の最も忠実な犬だ。

http://www.iraqpatrol.com/php/index.php?showtopic=15659  写真付き
-----------
小泉訪問の露払いとして訪問した相撲取りたちも同じ行動をとり、現地では問題になった。

スポンサーサイト
09:51 | レバノン・イスラエル | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Sun.

「レバノンとイスラエルの間でミサイルと敵意に満ちた発言が飛び交う中、両国のブロガーらは互いに話し合っている。」(米Wall Street Jounal)

紛争下で交流を続けるイスラエルとレバノンのブロガーたち」(後記に一部引用)

 レバノン・イスラエル戦争(といってもいいだろう。イスラエルは、領土を占領し、またヒズボラに限定した攻撃をするつもりもないのである。これは侵略戦争だ。)は、ライスの戦闘終了の予告宣言もむなしく、激化の一途を辿っている。
 レバノンでは今、日に50人もの市民が殺されている。レバノンは、日本でいえば岐阜県程度の大きさしかない国で人口も約460万人(私の住む神奈川県は人口800万人を超える)しかいない小さな国だ。こんな日本の一つの県にも満たない国が連日のように空爆され、子どもを含めた何十人もの市民が殺されている。

 この戦争は、誰が望んだ戦争なのか?
 ともすれば、イスラエル市民という輩は狂信者集団で彼らが戦争を望んでいるように考えてしまうだろう。我々日本人からすれば理解不能な市民像ができあがっているように思う。アラブ人についてもそうだろう。このようなイメージをもって「世界には我々の理解できない市民ばかりで紛争・戦争が当たり前なのだ。だから、日本人は、『世界の非常識』人で、『平和ぼけ』人なのだ」こういう事を偉そうに言う人間もいるだろう。
 しかし、平和に生きたいと思わない市民がいるはずもない。市民の声は平和を求めている。
--------------------------------

イスラエル人もレバノン人も嘆き悲しんでいます。わたしたち全員が。だから、狂信的な信者がわたしたちの平和の夢を破壊するのを目の当たりにしている今、わたしたち全員――中東諸国でたった2つの民主国家であるレバノンとイスラエルの国民――のために嘆いて欲しい


--------------------------------
 政府と政府に強い繋がりをもつ狂信的宗教集団が起こした戦争。これを止められるのは、両国の市民と世界中の市民の平和を望む意思だけだ。
 戦争は、何時の時代も国益という名の為政者の利益のために行われてきた。戦争のために情報は遮断され、為政者の都合の良いように操作され、愛国心という名の麻薬によって市民の平和を願う心は麻痺させられた。
 しかし、今私たちは、望めば世界中の市民と対話できる。市民が自由に意見を言うことができる今だからこそ、私たちは対話をすべきだ。お互いをもっとよく知るべきだ。家族や友人を守りたいと想う気持は相手を知るからこそ生まれるのだから。
 インターネットは、一人一人の市民が世界の市民に情報を発信でき、対話ができる。平和を望む市民にとって最強のツールとなりうる可能性を持っている。
 確信犯の右翼お年寄り連中はともかくとして、どうせ、戦争はなくならないと諦め、それ故に軍事力を求めるべきとインターネットを使って宣伝する今の世代の人たちは想像してみないか。決して平和は夢物語じゃないと。ジョンレノンの「イマジン」は、当時は夢物語だったかも知れない。しかし、世界的な悲惨な戦争を経験した今の時代、また世界の市民が対話できる現在の情報化社会の元では決して夢物語ではないのだ。
 市民一人一人が、「戦争はやめる」という気持を持てば戦争は終わるのだ。戦争が必要と考える人ならばともかく、戦争がなくなって欲しいと願う人で、インターネットを使う人なら、平和のために声を出し、対話をするべきだと思う。何も難しいことはないはずだ。 

--------------------------------

[WSJ] 紛争下で交流を続けるイスラエルとレバノンのブロガーたち (1/2)
「“敵国民”同士が紛争中に会話するのは、歴史上これが初めてではないだろうか」――イスラエル・レバノン紛争勃発後も、ブログやIMを通じた市民レベルの交流が続いている。
2006年07月31日 10時17分 更新
ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)

 レバノンとイスラエルの間でミサイルと敵意に満ちた発言が飛び交う中、両国のブロガーらは互いに話し合っている。
 カナダ生まれでテルアビブ在住のイスラエル人ブロガー、リサ・ゴールドマン(39)氏は最近の書き込みで次のように述べている。「“敵国民”同士が紛争中に会話するのは、歴史上これが初めてではないだろうか」
 レバノンとイスラエルのブロガーたち――現地にいる人もいれば、世界のどこかで情報を発信している人もいる――が、自分たちの経験をリアルタイムに更新し、互いの意見にコメントし合ったり、時には、国境の向こうのブログにリンクを張ったりしている。
 今回の戦争勃発以前から、レバノンとイスラエル両国民が連絡を取り合う手段はほとんどなかった。このためこのブログを通じた「対話」は、極めて珍しい現象だ。レバノンの法律ではイスラエル国民の入国を禁じており、両国間には電話回線が通じていない。
(一部のみ引用)


■紛争下で交流を続けるイスラエルとレバノンのブロガーたち
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/31/news015.html
■ロンドンで反戦デモ・イスラエルのレバノン攻撃に抗議
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060806AT2M0501E05082006.html
■レバノン戦闘激化 打開策示せぬアラブ 親米・反ヒズボラが浸透
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060806&j=0026&k=200608051085
■イスラエル軍の攻撃激化レバノン空爆250回、死者計800人超
http://www.chunichi.co.jp/00/kok/20060806/mng_____kok_____000.shtml
 
07:58 | レバノン・イスラエル | comments (3) | trackback (-) | page top↑
Wed.

結局戦火拡大 イスラエル・レバノン

 今週中に停戦予定(ライス)というのは、イスラエルが南部を制圧して「解放」を完了するから?
 拉致を口実に、領土問題のあるレバノン南部を占領しようとする虐殺行為。あらためてイスラエル・アメリカに問いたい

レバノン人の血はイスラエル人の涙より軽いのですか。我々の神はほかの神より小さいのですか」(シニオラ・レバノン首相 日経06/7/26)




イスラエルが地上戦拡大、ヒズボラが激しく抵抗
2006.08.01
Web posted at: 21:25 JST
- CNN/REUTERS

エルサレム/ベイルート──イスラエル治安閣議は8月1日、レバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラへの掃討を目的とした地上戦の拡大を全会一致で承認した、と述べた。イスラエルのメディアは、戦線はレバノン南部でさらに数キロ、北側へ伸びる、と伝えた。



■停戦には応じず、地上戦拡大を支持・イスラエル首相
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060801AT2M0100701082006.html
■イスラエル、レバノン国境から30キロの占領計画決定
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060801i113.htm
03:05 | レバノン・イスラエル | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Tue.

アメリカに言いなさい(安倍官房長官)

 本当にやめさせたいのなら、
「当事者」じゃなくてアメリカに言いなさい。

安倍官房長官、イスラエルに停戦要求
産経06年7月31日
 安倍晋三官房長官は31日午前の記者会見で、イスラエル軍がレバノン南部カナを空爆し民間人多数が死亡した問題について「民間人の被害を防ぎ、事態のさらなる悪化をもたらさないよう、当事者に対し停戦を求めるとともに、すべての関係者に問題解決に向けた真摯(しんし)な努力と最大限の自制を求めている」と述べた。



ちなみに....

              ライスは、
 レバノンでの戦闘、米国務長官が週内にも停戦の見通し
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060731i312.htm
             って言ってますが、
              イスラエルは、

 攻撃全面再開へ  イスラエル地上作戦
http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack.cgi?world+CN2006073101002805_2
              と言ってます。
01:21 | レバノン・イスラエル | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Mon.

口に食べ物を含みながら『おい、ブレア』

 英国では、レバノン情勢に対するブレア首相の対米追従路線に批判が強まっているようだ。世論調査の結果、64%が「ブレア首相は米国の言うことは何でも聞く」と回答したという。この調査結果も凄いが、この世論調査の質問も凄い。日本でも是非やってみるべきだ。
 事の発端が、「ブッシュ大統領が口に食べ物を含みながら『おい、ブレア』と首相を呼びつけたことというのも紳士の国らしい。それが英国人の誇りなんだろう。
 「誇り」と言えば、安倍晋三や桜井よしこが言うところの教育基本法や憲法改正理由の「日本人としての誇り」からすると日本の対米姿勢は、どう映るのか是非安倍氏らに聞いてみたい。CIAからお金をもらって政権を維持する与党。そして、イラク戦争への参戦を何度も理由を誤魔化す姿勢、労働法制についてまで米国企業進出のために、米国と同じ労働法制にせよと命じられ、これを無批判に受け入れる姿勢、そのくせ、中国、韓国から靖国参拝を批判されれば、「内政干渉」と憤る姿勢。あげるときりがない。これが改正してまで教えたい安倍・自民党の「日本人としての誇り」なら、そんなもの私はいらない。


「米の言いなり」、英国でブレア批判噴出 レバノン巡り
朝日 2006年07月29日11時18分 緊迫するレバノン情勢の打開に向け、ブレア英首相は28日、ワシントンでブッシュ米大統領と会談し、緊密ぶりを強調した。ローマで26日開かれた国際会議では、両国が他の欧州諸国が主張した「即時停戦」を求める声明に反対。英国では、イラク戦争で顕在化した米国と欧州の亀裂が再現することへの懸念が広がり、ブレア政権の親米路線の「行き過ぎ」への批判が高まっている。

 ブレア政権への不信が深まった引き金は、今月中旬の主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)。ブッシュ大統領が口に食べ物を含みながら「おい、ブレア」と首相を呼びつけ、レバノン情勢について私見を語った様子が、スイッチを切り忘れたマイクで報道陣に筒抜けになった。英メディアは、ブレア首相の「追従ぶり」をこぞって批判した。
 27日に公表されたYouGov社の世論調査によると、64%が「ブレア首相は米国の言うことは何でも聞く」と回答。25日付のICM社の世論調査では、63%が「あまりに米国寄り」と答えており、ブレア政権に対し、米国主導の対中東政策に是々非々で対応するよう促す声が高まっている。  イスラエル向けの高性能爆弾「バンカーバスター」を積んだ米政府のチャーター貨物機2機が今月、必要な手続きを怠ったまま、英スコットランドの空港で給油していた新たな疑惑も浮上。英政界では、対米関係の見直しを求める動きが加速している。
 野党・自由民主党のキャンベル党首は「ブレア首相の無批判な米政策受け入れは間違っているばかりか、英国の国際的評判を傷つける」との声明を発表。レバノンを支援する超党派の議員連盟代表のアンドルー・ラブ労働党議員は「イスラエル軍の攻撃はヒズボラよりレバノン政府に打撃を与えている」と語った。
 最新のICM社の政党別の支持率調査では、最大野党の保守党が39%と労働党を4ポイント上回り、同社調査では92年以来で最高となった。9月の労働党大会をひかえ、「ブレア下ろし」の動きは激しさを増しており、レバノン情勢をめぐる外交の行方は、ブレア首相の政治生命にも影響を与えるとみられている。

07:42 | レバノン・イスラエル | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Mon.

イスラエル、クラスター爆弾を使用。

 イスラエルによるレバノン攻撃は、ついに無差別殺戮兵器まで使用され始めたようだ。イスラエルはこんな対象を特定しない無差別兵器を使用して一体何者を相手にしようとしているつもりなのか。
 ちなみに毎日新聞の記事によれば、このクラスター爆弾を日本も保有しているそうである。専守防衛の自衛隊が何故、対象も特定できず、大量の地雷を生み出すクラスター爆弾を持っているのだろうか。
bombart.jpg

【クラスター爆弾】

イスラエル:レバノン攻撃 イスラエル軍、クラスター弾使用 民間地区照準か
毎日 2006年7月29日

 レバノンへの軍事攻勢を強めるイスラエル軍が国境付近の民間人居住地域に向け、一つの砲弾から大量の子爆弾を広範囲に拡散させる「クラスター弾」を撃ち込んだ疑いが強まっている。レバノン南部国境付近で負傷したレバノン人男性は27日、「地下室に落ちてきた小さな爆弾が爆発した」と毎日新聞に証言した。今月12日のイスラエル軍の攻撃開始後、レバノンで調査を続けている国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」(HRW)は「民間人居住区へのクラスター弾の使用は国際法に抵触する可能性がある」とイスラエル軍を非難。市民を巻き込む形の無差別攻撃に対する懸念が強まっている。
 レバノン南東部のイスラエル国境に近いブリダ村の運転手、アフマド・アリさん(45)によると、イスラエル軍の砲撃を避け、自宅の地下室に避難していた19日午後3時ごろ、破損した天井から小さな爆弾が転がり込み爆発。室内にいた16歳から1歳の子供7人を含む12人全員が負傷したという。アリさんは21日にベイルートに運ばれたが、両足を切断した。
 レバノンで人道的見地からの被害調査を実施しているHRWもアリさん一家から聞き取り調査を行い、クラスター弾による被害とみている。HRWは国境のイスラエル側で子爆弾88個を内蔵する米国製砲弾「M483A1」が配備されているのを確認、写真撮影した。
 HRWのピーター・ボカート緊急事態担当部長は毎日新聞に「クラスター弾は子爆弾を広範囲に拡散させる無差別兵器だ」と指摘しイスラエルに民間人居住区へのクラスター弾の使用中止を求めた。
 同氏はまた「米国によるイラク戦争などでは民間人被害が出た場合でも一定の軍事的意図が読み取れた」としたうえで、「レバノン南部やベイルート南部での家屋やビルの徹底的な破壊はヒズボラへの攻撃という目的をはるかに超えており、イスラエル側がどのような軍事目的を有していたか理解に苦しむ」と指摘。イスラエル軍による無差別攻撃を示唆した。
 イスラエル軍は「クラスター弾は国際法で使用が認められた通常兵器で、国際的な基準にのっとって運用している」と反論している。


06:17 | レバノン・イスラエル | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Fri.

ガザ進行中止決議案 米拒否権発動「一方的な要求で、バランスを欠いている」

 どの辺が一方的な要求なのでしょう。

イスラエルのガザ侵攻中止決議案、米の拒否権で否決
パレスチナ問題
読売06年7月14日
 【ニューヨーク=白川義和】国連安全保障理事会は13日、イスラエルに対して、パレスチナ自治区ガザ侵攻の停止とガザからの撤退、拘束したパレスチナ自治政府閣僚らの解放などを求めるカタール提出の決議案を採決したが、米国が拒否権を行使し、否決された。
 日仏中露など10か国が賛成、英国など4か国が棄権した。
 決議案はパレスチナ当局にも暴力停止を求め、拉致されたイスラエル兵の解放も要求しているが、ボルトン米国連大使は「一方的な要求で、バランスを欠いている」と反対理由を説明した。


23:04 | レバノン・イスラエル | comments (4) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。