--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Thu.

諦めない

11月15日、与党は、野党欠席の中、教育基本法「改正」案を強行採決した。前日まで、沖縄知事選への影響も考え、強行採決に対し慎重な声も与党内には上がっていた。最後は安倍晋三自らが、強行採決にGOサインを出した。日本の教育を水際で護り続けてきた教育基本法、その改悪のスタートラインが切られてしまった。

 この教育基本法「改正」案は、二つの側面がある。
一つは、報道でもさんざんっぱらやられているように、かつての教育勅語に繋がる「愛国心教育」だ。要は、お国のために命を張れる国民を量産させること、それが目的である。通常国会では、テレビ報道がないときも多くあったが、その際には、与党議員は何をいっているか、驚くべき事に、彼らは天皇のために命を投げ出すことを定めた教育勅語の復活を望んでいるのだ。

いま一つは、教育における格差をつくることだ。
「魚屋の息子が政治家になったら不幸になる」の言葉で表されているように、親の経済力・地位がそのまま子どもの教育に繋がる、教育の格差、これを生み出すことを「改正」案は求めている。
 実際に、戦前の教訓を踏まえ設けられた政府の教育への介入を禁じた教育基本法10条を変容し、「教育振興基本計画」という名前で、行政が教育内容を決定していくことができるようになる。そこで何をやろうとしているかといえば、学校を競争させ、教師を競争させ、子どもを競争させること、できない子に与える教育はやめ、できる子にだけ教育を与える。これが政府のやろうとしていることだ。それは否定すらしていない。
 ランク付けされた学校に入るためには、多額のお金が必要となり、子どもも自由にしていられる時間などなく、まして受験に無意味な科目なんて教わりたくもない(そんな子は負け組行き決定だ)、教師は、評価をおそれ子どもと向き合わず、いじめなんて起こったら給料下げられ、下のランクに落とされるからいじめを見てもないことにする。これは今でもある状態だ。これをさらに、助長しようというのが「改正」案だ。
 これは地方ではもっと酷くなるだろう。成績のよい学校に金があつまる仕組みである教育バウチャー制度(安倍晋三が「再生」案にいれている)、この導入によって、学校は公立・私立ともにランク付けされる。
ランク上位の学校に入るために、親たちは全ての財力をつかって子どもを競争させる。入れれば良い。また都心でそのようなランク上位の学校があればまだよい。でも、入れなかったら?そもそもそんな学校が地元になかったら?貴方の子どもには、ランク上位の学校に金も教員も吸い上げられた「吹きだまり」の学校だけが残されている。

 誰がこんな世界を求めているのか?憲法9条について右派・左派あるのは分かる。でも、「魚屋の子は魚屋」「貧乏人は子どもも貧乏人」誰がこんな選民思想のような教育を望んでいるのか?
私はこんな世界は絶対に認めない。

 今、この強行採決の「つけ」を払わせることができるのは、今週日曜日(19日)の沖縄知事選以外にない。沖縄の方、よく考えて欲しい。皆さんが持つ一票は、私たち日本に住む人間・一人の親の一票でもある。これだけの反対の声が上がっても、それを検証もせず、金で「やらせ」を行い続けた自民党・公明党、それでも彼らにこの国を任せるのか。私は自民党に投票したこともある。でももう2度と投票しない。彼らが見ているのは、国民・市民じゃない。「自分たちの保身」それだけだと分かったからだ。
 教育基本法はまだ生きている。まだ終わってはいない。
ゲーテじゃないが、生きている限り決して諦めない。
ここで私たちが諦めることは、子どもたちの未来を諦めることになるのだから。これは決して大げさでも何でもない。

    教育基本法改悪反対!
―少年法改悪反対、改憲手続き法と共謀罪の新設反対―
 
★「ヒューマンチェーン」★(人間の鎖)
   
実施日程● 11月16日(木)午後5時集合~6:30
   
場所● 衆議院第2議員会館前集合
                (地下鉄丸の内線国会前下車)
     
午後5:00 <集合>キャンドル点火 
         リレートーク <呼びかけ人&国会議員など>
          キャンドル・ヒューマンチェーン
          コール& リレートーク 
  6:30<終了>
―――――――――――――――
・教育基本法「改正」反対市民連絡会
・子どもと教科書全国ネット21
・子どもの育ちと法制度を考える21世紀市民の会
 (「子どもと法・21」)
・「子どもたちを大切に…今こそ生かそう教育基本法」全国ネットワーク
・許すな!憲法改悪・市民連絡会
・共謀罪の新設に反対する市民と表現者の集い実行委員会

◎問い合わせ先
 高田(tel:03-3221-4668 fax:03-3221-2558)
 東本(tel:090-1859ー6656)
 日本消費者連盟(tel:03-5155-4765
               fax:03-5155-4767)






スポンサーサイト
01:33 | 教育基本法 | comments (25) | trackback (-) | page top↑
Tue.

政府、やらせで5000円 運命を分かつ日15日を前に 

 教育基本法改悪反対の声を上げる皆さん、連日本当にお疲れ様です。今本当にいろんな人が、国会へ足を運び、議員へFAXやメールを送り、デモ(12日の全国集会に集まった人は7000~8000人とも言われています)、ブログでの情報発信、様々な形で、教育基本法改悪に反対の声を上げ、大きな「国民の声」のようになっていると感じます。
 私たちが11月10日に議員要請に行った際には、自民党議員の秘書が「これ見てくださいよ。」と言って見せてくれたFAX機からは、止まることなく、次々と教育基本法「改正」反対の抗議や要望が書かれたFAXが流れていく姿があり,議員の部屋はFAXだらけの状態でした。
 想像以上に反対の声は大きな声になっています。

 ついに、明日は第3次Xデーの11月15日です。
午前中に中央公聴会、その後に強行採決という与党の姿勢は今日が終わるまで崩れることはありませんでした。
 明日が本当の運命の分かれ目ともなる日でしょう。
 この教育基本法「改正」が頓挫したときには、安倍政権は自分から最重要法案・政策としているがために、政権そのものの存在意義が右からも左からも疑問が噴出していくことは必定です。

教基法案で対立解けず 与党、15日採決の構え
東京 11月14日
 与野党は14日、今国会の最大の焦点である教育基本法改正案の衆院採決日程をめぐり、大詰めの折衝を続けたが、対立は解けなかった。
 衆院教育基本法特別委員会の森山真弓委員長は職権で15日午後の委員会開会を決定、与党側は週内の衆院通過を目指して同日中に採決する構えを見せている。だが与党執行部内には19日投開票の沖縄県知事選を控え、与党が単独採決すれば「知事選のマイナス要因となる」(参院幹部)と、先送り論も消えていない。採決に踏み切るかどうかは15日午前の委員会での野党の出方をにらみながら最終判断する。



 そんな切迫した時期にまたもとんでもない情報が出てきた。
 政府は、今や知らぬ人はいない「TMやらせ」のお願いを金をばらまいてやっていたというのだ。
 金でやらせの賛成の声を作り出す政府・与党に決して負けたくない。というか負けてはいけない。これは自分のことというより、自分の子どもたちの事だから。
 5000円で魂を売り払う教育や子どもなんてどうでもいいと思って「改正」に賛成する人間、官僚、教育委員会、自分の与党での保身のために中身も知らず「教育改革」を訴える国会議員、こんな人たちに、自分の子どもや孫を任せられるか。
 みんな忙しいと思う。でも明日だけは声を出そう。一人でも多く声を出そう。今しか声を出すときはないのだから。
 


やらせ質問、サクラに謝礼5千円? 社民・保坂氏が追及
朝日 2006年11月14日21時08分 政府主催のタウンミーティング(TM)をめぐり、内閣府が事前に用意していたいわゆるサクラの質問者に5000円の謝礼を払っていたのではないか、と保坂展人氏(社民党)が14日の衆院教育基本法特別委員会で追及した。これに対し、内閣府からは明確な答えはなく、今後調査することを約束した。

 保坂氏は、内閣府が広告会社と結んだTMの請負契約書を提示。02年度後半から05年度までの契約書に「民間人有識者謝礼金3万円」「依頼登壇者謝礼金等2万円」のほかに、「その他の協力者謝礼金等5000円」との記載があることを指摘した。そのうえで保坂氏は、「その他の協力者」は「サクラ」ではないかと追及した。

 これに対し、内閣府の山本信一郎官房長は「確認できない。分からない」と繰り返したうえで、「当初、キックオフ的に名前を明示し、代表質問として最初の発言をお願いしていたことがあった。そのことを想定していたのではないか」と述べた。「その他の協力者」はサクラではなく、主催者側が発言を依頼していることを明かしたうえで、肩書と名前を名乗ってスピーチをした人のことだとの認識を示した


日経 タウンミーティング質問者に謝礼金支払いの可能性・官房長
TBS 「やらせ」質問で謝礼?内閣府が調査へ
西日本新聞 発言者に謝礼の可能性 契約書に「協力者5000円」

22:21 | 教育基本法 | comments (12) | trackback (-) | page top↑
Thu.

政府が教育基本法集会で「やらせ」を指示

今日(2006年11月1日)の教育基本法特別委員会でとんでもないというか、何やってんだというか、あきれ果てることが判明した。
 政府が開いた教育関連の集会で、政府が集会参加者に教育基本法「改正」に賛成の立場で質問をするようにやらせの指示していたことが明らかになったのだ。
 ここまでしなければならない理由はどこにあるのだろう。
国民が本当に求めているのならここまでする必要はないだろう。
 この集会は、一般の団体がやっている集会ではない。賛成の人も、反対の人も、どっちか決めかねている人に対しても開かれた責任ある政府が開いた説明会だ。そこにやらせを持ち込むとはどういうことなのか。
 ここまで私たち国民を馬鹿にする政府はもう本当に終わりにして欲しい。このような事実が明らかになった以上、政府は即刻責任をとるべきだ。

今年9月2日に青森県八戸市で開かれた政府の「教育改革タウンミーティング」で、内閣府などが教育基本法改正案に賛成の立場で質問するよう参加者に依頼していたことが1日の衆院教育基本法特別委員会で明らかになった。
 石井郁子議員(共産)が内閣府や青森県教育庁などが作成した文書を基に指摘し、政府もこれを認めた。
 文書は、青森県内の教育事務所と同県教育庁が、地元の中学校長あてにファクスで送った2種類。一つは「タウンミーティングの質問のお願い」として、三つの質問案を示し、そのうちの一つを質問するよう依頼している。
 もう一つの文書は「内閣府から以下のとおり発言の仕方について注意があった」として、<1>できるだけ趣旨を踏まえて自分の言葉(せりふの棒読みはさけてください)<2>「お願いされて」とか「依頼されて」と言わないで下さい(あくまで自分の意見を言っている、という感じで)――などと、アドバイスしている。
 1日の委員会質疑で、内閣府の土肥原洋総括審議官は「活発な意見を促すきっかけを作る目的で参考となる資料を提供することもある」と弁明した。塩崎官房長官は同様の事例が他にもあるかどうかについて「調査をして報告する」と述べた。
(2006年11月1日19時41分 読売新聞)



教育基本法「改正」反対の声を届けたいなと思った方は、
メロディさんのブログが便利。
00:48 | 教育基本法 | comments (22) | trackback (-) | page top↑
Mon.

教育基本法の危機 第一次Xデーは11月10日

 ついに教育基本法の審議が始まった。その内容は、ここのところ話題の未履修問題といじめ問題について焦点があてられた審議となったようだ。これらの問題が、教育基本法の理念を無視した教育行政のあり方に大きな原因があり、いじめ・未履修=教育基本法「改正」というのは本末転倒な結果となると私は思っているのだが、この話は今日する余裕がない。というのも、今日の理事懇談会でとんでもない提案を与党がしているからだ。
 今日、下記の保坂議員のブログにもあるように、複数の方から得た情報では、与党側から「地方公聴会」の開催を11/6~11/9にかけて複数箇所同時に行うというのだ。
 「地方公聴会」が開催されると聞いてもピンと来ない人が多いだろう。しかし、ある程度法案審議についての手順について見識のある人なら顎が外れるほど驚くはずだ。
 「地方公聴会」の開催をするということは、事実上、実質審議はもう必要ないという意思表示を意味するからだ。野党が公聴会開催に反対しているということだが、問題のポイントは、「与党がもう実質審議は終わりにして採決しよう」という姿勢を示したことにあるのだ。現在、各誌が報道するように国会内部では、11月上旬、具体的には11月10日が第一回目のXデーであると言われているようである。複数地同時開催の地方公聴会を行い、11月10日に採決という算段が目論まれているようなのだ。
 今、非常に危険な時期に入っている。ここで反対の声を国会へ届けなければ、これまでのような教育基本法の「解釈改正」で滅茶苦茶にされた教育が、教育基本法そのものの「改正」という本当に取り返しの付かないことが生まれてしまう。この基本法は一旦失われるともうおそらく二度と手にはいることはないだろう。


 Xデー11月10日までにある集会を以下に紹介しておくので、どちらか一つでもいいから参加しよう。
 
11月10日までにある集会は、....

①教育基本法改悪を許さない各界連絡会・教育基本法全国ネットワーク 教育基本法改悪反対中央行動・中央集会

11 月2 日(木)●開会 18:30 ●会場 東京 日比谷野外音楽堂
●内容 あいさつ 各界からの決意表明など
◆集会終了後 国会へ向けてデモ行進を行います。パネルやプラカードなどなんでももってあつまろう!

②教育基本法改悪反対! ―少年法改悪反対、改憲手続き法と共謀罪の新 設反対― ★「ヒューマンチェーン」・★(人間の鎖)

日程● 11月8日(水)午後4時
場所● 衆議院議員面会所 集合

・教育基本法「改正」反対市民連絡会・子どもと教科書全国ネット21
・子どもの育ちと法制度を考える21世紀市民の会(「子どもと法・21」)・「子どもたちを大切に…今こそ生かそう教育基本法」全国ネットワーク・許すな!憲法改悪・市民連絡会・共謀罪の新設に反対する市民と表現者の集い実行委員会

「保坂展人のどこどこ日記」

教育基本法特別委員会は明日10時から夕方5時までの審議が行われる。とりあえず、明日まで私が担当し明後日から社民党所属議員が交代で質疑に立つことになる。今日の理事会では与党から「地方公聴会3~4ヶ所・中央公聴会はやらない」という提案が出たが、野党は「その時期ではない」と拒否。朝・昼・晩と理事会を開いて今後の委員会運営を話し合った。今週の採決はなくなったが、来週がいよいよ狙われているのは間違いない。

23:33 | 教育基本法 | comments (2) | trackback (-) | page top↑
Thu.

安部さん、あなたは何時の時代の教育に「再生」させたいのか?

安倍晋三首相は、「教育改革」を全面に訴えているが、これを推進するために「教育再生会議」というものを立ち上げるらしい。
ところが、この再生会議のメンバー、一体、何時の時点の教育に「再生」するつもりなのかと疑いたくなるようなメンバーの名前が挙がっている。

一人目は、言わずと知れた山谷えり子議員だ。彼女は、もともと教育者でも何でもなく、「サンケイリビング」というフジサンケイグループの情報誌のエッセイストだ。
続きを読む
04:17 | 教育基本法 | comments (16) | trackback (-) | page top↑
Tue.

「愛国心」押しつけるためには解散も辞さぬ (武部幹事長)

 インドの対中国ミサイル発射実験、イラクでのシーア派による無差別殺人事件、小泉首相が昨日の記事で書いた基地攻撃能力に対して慎重論を唱えたことなどなど書くことはたくさんあるが、今日気になったのは教育基本法についての報道だ。
 TBSで06/07/10報道された「武部幹事長、教基法めぐり解散総選挙も」 というニュースで、自民党の武部幹事長が講演で、「教育基本法の是非を問う衆議院の解散総選挙もあり得る」、また、教育改革の重要性を強調した上で、「教育基本法の是非を問う解散総選挙をやったらいいと考える人は少なくないのではないか」と述べ、民主党をけん制したというのだ。つまり郵政民営化衆議院選挙での民主党の悪夢を思い出せ、そんなことになりたくないだろう。だから教育基本法改正に一緒に共同しろという意味だ。

 一方で、武部幹事長は、民主党だけでなく郵政造反議員に甘い言葉を投げかける。

武部氏、参院選支援条件に造反組復党示唆
 日刊スポ 06/07/11
 自民党の武部勤幹事長は10日の記者会見で、郵政民営化関連法案に反対して離党した衆院の「造反組」復党に関し「参院選に向けた振る舞いが大事で、党公認候補のために全力を尽くすなどの努力が必要だ」と述べ、来年夏の参院選での支援を条件に復党があり得るとの認識を示した。武部氏は同時に「復党はそう簡単ではない」と強調、「参院選で票が欲しいからといって、反省がみられない造反組に協力を求め復党させるのは難しい。国民から自民党がいいかげんとみられてはいけない」と述べ、改革路線継続への賛同も条件にすべきだとの意向を示した。

 つまり、自民党に本当は戻りたがっている「造反組」自民党員も、「改革」(教育基本法「改正」も当然含む)に賛同するのなら戻す可能性があるぞということだ。この人は「じゃけんほい サイトウケン」でもそうだったが、ある意味分かりやすい。嘘をついたら真っ赤になってしまうタイプだろう。自民党はまたも人の弱みにつけ込む方法に出てきた。民主党議員の方々、このような敵対的提案についてどう対応するか、それで参議院選の結論は大きく変わることと思う。今こそ、自民党とは違う二大政党を担う毅然とした態度を採られることを望む。
 「造反」元自民党議員の方々も同じだ。国会議員としての信念を貫くか否か、本当にこの国に住むものの事を考えるのか、自分の保身を考えるのか私たち有権者は目をみはって見守っている。



02:18 | 教育基本法 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Mon.

教育勅語幼稚園で暗唱

本来業務で忙殺され、一週間ほどお休みをしていましたので久しぶりの更新です(「最近更新してないじゃないか!」などと言われることもあり、見てる人もいるのだなと実感。)。

 164回国会は、6月18日で終了したが、今回の審議録をざっと検討したところ目立ったのは、教育基本法「改正」したい人たちの、教育勅語リスペクト傾向だ。5月30日に参考人として立った櫻井よしこ氏(言わずと知れたウルトラ右翼の日本会議メンバー)を初め、教育勅語は実は良いものだったという主張だった。
 そんな国会での審議を受けてか、教育勅語を暗唱させる幼稚園が登場した。
 幼稚園児が、「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン」
 訳:http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kyouikutyokugo.htm「万一危急の大事が起ったならば、大義に基づいて勇気をふるい一身を捧(ささ)けて皇室国家の為につくせ。かくして神勅のまにまに天地と共に窮(かぎ)りなき宝祚(あつまひつぎ)の御栄(天皇陛下の御運勢)をたすけ奉(たてまつ)れ。かようにすることは、ただに朕に対して忠良な臣民であるばかりでなく、それがとりもなおさず、汝らの祖先ののこした美風をはっきりあらわすことになる。」
 こんな言葉を、不気味な抑揚の教育勅語節で暗唱する姿。それを満足げに眺める園長。こんな教育を受けた子どもはどういう大人になっていくのだろうか。


教育勅語幼稚園で暗唱 戸惑う保護者も
 東京 06年7月2日
 大阪市の私立塚本幼稚園(淀川区、約二百三十人)と私立南港さくら幼稚園(住之江区、約百八十人)が、年長組の園児約百二十人に、教育勅語を暗唱させていることが一日、分かった。

 園側は「幼児期から愛国心、公共心、道徳心をはぐくむためにも教育勅語の精神が必要と確信している」と説明しているが、文部科学省幼児教育課は「教育勅語を教えるのは適当ではない。教育要領でも園児に勅語を暗唱させることは想定していない」としている。

 両幼稚園の園長を務める籠池靖憲氏によると、幼児期から古典に親しむため、一昨年から月一回、年長組の園児を対象に論語の勉強を始めたが、「教育の神髄を短い言葉で伝えているのが教育勅語」と考え、昨年十月ごろから教育勅語を教えているという。

 年長組の園児は毎日、一時間目の授業の初めに担任の指導で教育勅語を暗唱。保護者にも口語の訳文に「今こそ教育勅語の精神が必要」という園長の所感を添えて配布したという。

 ある保護者は「こういう教育をするとは知らずに入園させた」と戸惑いをみせるが、園側は「保護者の不満の声は聞いていない」としている。

 籠池園長は「戦争にいざなった負の側面を際立たせ、正しい側面から目をそむけさせることには疑問を感じる。親を敬い、自分を高めるという精神を体現すれば、無軌道な方向には行かない」と話している。

 大阪市内の私立幼稚園で一日、園児に教育勅語を暗唱させていることが分かった。通常国会では教育基本法改正をめぐり焦点となった「愛国心」との関連で教育勅語が議論になった。小泉純一郎首相は「教育勅語の復活を意図するものではない」と答弁したが、自民党内などには教育勅語に盛り込まれた道徳の理念を復活させるべきだとの声も根強い。

 首相当時「日本は天皇を中心にした神の国」と発言した自民党の森喜朗氏は、教育基本法について「国の歴史、文化に全く触れていない。個人が強く出て、公が欠けている」と批判。「戦前は教育勅語の中に哲学、思想が入っていた」と評価した。河村建夫元文部科学相も在任当時「教育勅語には道徳的観念があったが、排除決議がされた。大事なことは隅にやられ、教育の根本理念から外された」と話した。

 政府の教育基本法改正案は「我が国と郷土を愛する態度」との表現で愛国心を盛り込んだが、小泉首相は「教育上の目標で、児童や生徒の内心に立ち入って強制するのではない」と説明した。

 ■現代にはそぐわず

 沖田行司同志社大学大学院教授(教育史)の話 意味を理解する前に暗記させる教育方法はあるが、題材に教育勅語を選ぶのはいかがなものか。個々の道徳項目に問題はないといっても、教育勅語は天皇主権をうたっており、国民主権の現代にはそぐわない。幼稚園児には宗教、学問の自由を侵す結果となった教育勅語の歴史的経緯を理解できず、無理がある。

 教育勅語 正式には「教育ニ関スル勅語」という。明治天皇の名で国民道徳の根源や教育の基本理念を明示、1890年に発布された。臣民の忠孝を「国体の精華」とたたえ、父母への孝行、夫婦の和、博愛、義勇奉公など12の道徳項目を記した。学校への配布や礼拝、奉読が進むにつれ「御真影」(天皇、皇后両陛下の写真)とともに奉安殿に保管されるなど神聖化され、昭和期の軍国主義教育と結び付いた。衆参両院は1948年、排除や失効を決議した。

23:28 | 教育基本法 | comments (3) | trackback (-) | page top↑
Sun.

教育法学会公開研究会へのお誘い

 教育基本法法案問題で積極的な活動をしている教育法学会(教育関連の学者さんたちの中では皆さん第一線の超有名人)が、一般公開で研究会を開きます。どなたでも参加可能とのことなんですが、そんなに知られていないみたいなのでお知らせします。

日本教育法学会教育基本法研究特別委員会主催公開研究会
衆議院教育基本法に関する特別委員会における議論を分析する」

日時 20067月8日(土) 午後6時~9時
場所 明治大学リバティタワー11階 1113教室
報告
  西原博史(早稲田大学)
        「愛国心をめぐる論戦の分析」(仮)
  市川須美子(獨協大学)
        「学テ最高裁判決をめぐる論戦の分析」(仮)
  林量俶(埼玉大学)
         「学力テストを含む教育行政、
             基本計画に関する論戦」(仮)
  世取山洋介(新潟大学) 「教基法改正理由をめぐる論戦の分析」(仮)

資料代 500円
19:10 | 教育基本法 | comments (1) | trackback (-) | page top↑
Wed.

★緊急 教育基本法廃案要請署名

 教育基本法が廃案か継続審議かが今日6月14日の理事懇談会で決定されるようです。
 廃案に向けた署名が急いで必要な状況となっているようです。
 期限はなんと...朝10時まで!
 早起きされた方、夜更かしされている方、署名して教育基本法「改正」案を廃案にしましょう!

署名は→ここ←から
03:37 | 教育基本法 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Wed.

「保守政治家、戦前規範の教育を望む」ニューヨークタイムス6/11

ニューヨークタイムス(6/11)が東京の教育事情を紹介し、批判的報道をしている。リベラル派のニューヨークタイムス大西記者の記事であるから、またどうのこうのいうお方もいるだろうが、米国でここまでの記事が書けるのに、何故、日本では報道されないのだろう。


保守政治家、戦前規範の教育を望む

Japan's Conservatives Push Prewar 'Virtues' in Schools   The New York Times June 11, 2006

NYT611.jpg


 ここ東京の新設公立校教員養成センターで、最近ある講師が22名の若い日本人に自己本位と利己主義に対して警告を発した。
 講師は彼らに、他人を思いやる人間になるよう奨励し、「これが児童の教育上最も重要なことだ」と述べて、時にお説教とも響く内容の要約を示した。
 後で同センターの校長から、センターの指導理念は、戦前の日本の「美徳」---「戦後日本の60年間の教育で失われたもの」 --- をとり戻すことだ、との説明があった。
 「日本は、ずいぶん利己的で、実力者的で、自己中心的になった」と元ソニーの取締役で校長の田宮健次氏は言う。「このことについては、ひとり教育のせいだけとは言わない。 私たちの社会の仕組みに悪い面が多々ある」
 「しかし、教育はこうした傾向を構成する一部だ」と同氏は言う。「それで、今日本中で相当反省がなされている」と。
 日本政府は、戦前の国家主義の復活を防ぐため米国の占領中1947年に起草された教育基本法の改定に向けて動いている。与党自民党が提案した改定案では、愛国心、伝統、道徳心が強調され、より強い学校支配が政治家の手にゆだねられるようだ。
 占領時代の教育基本法は、児童に国家と天皇のため犠牲になることを教えた教育勅語に取って代わるものだった。
 日本の保守政治家は長らく、1947年の法律は公共の福祉以上に個人の権利を強調し過ぎていて、コミュニティーの衰退から青少年犯罪の増加まで助長してきた、と主張している。
 道徳心と愛国心の強調は、1990年代から、創造性と個人主義が賞美される世界市場で、日本をより競争力ある国にしようとする計画の一部として創造性と個人主義を奨励した教育に対する反動である。
 政治家と保護者の多くは今、学力水準、試験成績、規律の低下を、個人主義を強調したせいだとしている。
 こうした趨勢はまた、戦前のシンボルを再生させ軍国日本の過去を軽く扱っている教科書を使用させようとする保守側の、より大きな運動と連動している。
 さらに大きく見れば、教育基本法の改定は、日本に過去の過ちを繰り返させないという意味だった占領国米国の他の文書、平和憲法の改定という、よりデリケートな課題の先駆と見なされる。
 日本の公立校は長らく、リベラルな教員と保守政治家と官僚との間の激烈なカルチャー戦争の戦場だった。だが、過去10年で、左翼陣営の崩壊とあいまって、保守政治家が優勢となり、より強力に教育の造りなおしが可能となった。
 保守政治家の強さが最も感じられるのは、東京である。ここでは、右翼政治家石原慎太郎と、同じ思想の他の政治家が、リベラルな教員の影響を抑えた。
 教育の専門家は言う。1947年の法律を変えると、首都で始まったこの種の変化が全国に広がることになるだろう、と。
 東京では、過去3年間に教育委員会が、学校行事で愛国的でなかった350のケースで、教員を処罰した。処罰された教員たちは、国歌を歌い国旗の前に起立することを拒否したのである。国歌も国旗も、国の内外の多くの人にとって以前の日本軍国主義と結びついているものだ。
 いままで東京の高校では、校長と教員がいっしょになって、学校関連事項を決定するのが常だった。しかし、都教委は1998年に教員をアドバイザーに降格させて、事実上すべての決定を校長にゆだねさせた。2ヶ月前にこんどは、都教委はミーティング(職員会議)で教員が挙手することを禁止して、教員が意見を述べられないようにしたのである。
 東京都の副知事で前教育長、横山洋吉氏は、1998年の方針に抵抗する学校があったので、この通知を出した、と言う。「戦後の時期を通じて、日教組の運動も含めて、校長の権威は失墜し、みせかけだけになってしまった」と述べた。
 だが批判者は、この方針は教員の意見、特に組合員の意見を抑圧する意図があると言う。「通知していることは、単に挙手や投票の禁止ではなく、討論の禁止です」と、池田幹子さんは言う。彼女は、学校行事で国歌の演奏を拒否して懲戒処分にされた音楽教員である。「今学校では、自分の意見を表明する人はほとんどいません」と。
 批判者は言う。こうした変化で、石原や、東京の中都市杉並区の区長山田宏のように彼に同調する政治家に、権力が効果的に集中したと。
 区長として2期目の山田は、保守的な教科書の採用推進に成功し、新しい教員養成センターも開いた。
 彼は若い成人のイベントで神風パイロットの遺言を読み上げたり、第2次世界大戦を右翼好みの用語の「大東亜戦争」と呼んだり、石原同様中国を、過去日本が占領中に使用した軽蔑語の「シナ」と呼んだりしている。
 山田は、この記事のインタービューに応じようとしなかった。
 

 杉並区の教育委員会は、教育方針を支配している。しかし、委員が選挙される米国の教育委員会と異なり、日本の教育委員会委は母地方自治体の長が任命する。
 「教育委員会は、公式に独立している」と、杉並の5人の教育委員会委員の1人大蔵雄之助(75歳)は言う。「しかし現実にはそうではない」と。
 「陰に陽に」と大倉は付け加える。「区の意向が実行されている」と。
 新任命委員が区長の見解に同調する中、同教育委員会は、昨年3対2の投票結果で、ナショナリストの「新しい教科書を作る会」が著述した歴史教科書を採択した。同会は、戦後教育では日本の過去の悪事を強調し過ぎていて、今の若者にはもっと愛国的教育が必要だと主張している。
 大蔵は言う。主流の歴史学者は、この教科書は日本の過去の軍国主義をいいかげんに扱っていると言い、全国でこの教科書を採択した教育委員会は少ないが、区教委は最良の教科書だと考えている、と。
 杉並区の学校では、4月にこの教科書の使用を開始した。同時に新しい教員養成センターもオープンした。そして、同センターのこれからの卒業生にはこの区で教育業務につける保証が与えられた。
 提案された教育基本法改定案に批判的な人々は、もし承認されたら、全国の政治家が、杉並区長がしたように、地方の教育に影響を与えることができるようになるだろうと言う。
 東京の国際基督教大学の教育学教授藤田秀典氏は、改定すれば、全国の政治家に教育方針支配へのゴーサインが出て、さらにいっそう行き過ぎになると述べた。
「もしそうなれば」と同氏は言う。「教員にとっても学童にとっても、困った事態になる」と。

03:25 | 教育基本法 | comments (1) | trackback (-) | page top↑
Sat.

愛国心通知票実施状況 増加?減少?

 朝日新聞は、愛国心通知票の実施状況調査を2003年に行っていたが、この調査を2006年にも行った。その結果、2003年よりも約20校微増していることが分かった。しかし、この間には、一度愛国心評価を通知票に盛り込んだが削除したという学校が122校もあったということであり、見方によっては、現在は減少傾向にあるとも言える。
 教育に携わる人たちは、上から言われたから「取り入れる」、「削除する」というのではなく、子どもたちにとって本当に何が良いことなのかという発想で考えていってもらいたいものだ。


続きを読む
18:33 | 教育基本法 | comments (2) | trackback (-) | page top↑
Fri.

天皇陛下に敬語使え ~小坂文科大臣

 文科大臣、今度は不敬罪作り直すつもりでしょうか...。

陛下報道で敬語なしを批判 文科相、教基法特別委で
[共同]2006年 6月 8日 (木) 12:38
小坂憲次文部科学相は8日午前の衆院教育基本法特別委員会で、天皇、皇后両陛下が公園を散策されたことを報じた一部の新聞記事で敬語表現がなかったことについて「新聞だから、字数が限られているから、で済まされる問題ではない。敬語を使うべき方には敬語を使い、親しみを持つために使う言葉と敬語をうまく混ぜて伝えることが必要だ」と述べ、記事を批判した。

安倍晋三官房長官はこれに関連し「個人的には」と前置きした上で「ここで敬語を使わなければ誰に敬語を使うのかと感じる。感じ方を強制するわけではないが、政治家個人としては違和感がある」と述べ、天皇、皇后両陛下を報じる記事に敬語を用いないことに疑問を示した。

同時に安倍氏は「陛下への敬語の使い方は(報道)各社でニュアンスが違う。使い方に対して政府がとやかく言うべきではない。各社の判断と思う」とも述べた。

02:09 | 教育基本法 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Fri.

2003年朝日新聞調べ 愛国心通知票導入状況

 福岡、埼玉に続いて愛国心通知票が話題となった愛知県。一体今、全国でどの都道府県に何校が愛国心通知票を導入しているのだろう。
 小泉総理が、06/6/1愛国心を評価基準とすべきでないと特別委員会で述べ、愛国心通知票を見直す動きが出ているが、「国を愛する心情」の育成が教科の学年の目標の一つに加わった2002年の新学習指導要領以降、愛国心を評価されてきた子どもたちは現実に存在する。この子たちは一体どう育っていくのだろうか。

 ちなみに、2003年朝日新聞調べによる愛国心通知票の導入状況は以下のとおり。

■「国を愛する心情」などを通知表に使った小学校のある市町

採用して
いる県 採用校  採用校のあった市町
岩手県  4 盛岡市、宮古市、一関市
福島県  8 いわき市、会津若松市
埼玉県 37 熊谷市、行田市、川里町、騎西町
山梨県  3 甲府市
静岡県  3 静岡市
愛知県 15 西枇杷島町、豊山町、師勝町、西春町、新川町
福井県 11 勝山市、坂井町、丸岡町
京都府 10 八幡市、京田辺市、宇治田原町、井手町
山口県 11 防府市、光市
福岡県 67 福岡市、柳川市
長崎県  3 諌早市
合計 172(11府県28市町)


 20060609013351.jpg
愛国心通知票(福岡)

01:38 | 教育基本法 | comments (3) | trackback (-) | page top↑
Thu.

愛国心通知票(愛知県)

6.8 6月1日の教育基本法の特別委員会を傍聴したのだが、その際、小泉さんは、愛国心を評価の対象にすべきでないと言っていた。
これを受けて方針を変更する学校が出てきているようだ。
うーん 身替わり早い。いいんですけど。

続きを読む
09:24 | 教育基本法 | comments (2) | trackback (-) | page top↑
Thu.

板橋高校事件について ジャパンタイムス6/7社説

 ジャパンタイムス(2006/6/7)の社説に、卒業式における起立国歌斉唱を巡り罰金20万円が言い渡された板橋高校事件についての記事がある。日本のマスコミよりジャパンタイムスの方が冷静なのがとても皮肉だ。

続きを読む
02:28 | 教育基本法 | comments (10) | trackback (-) | page top↑
Wed.

教育基本法審議もあと少し!

現在特別委員会の審議に係っている教育基本法ですが、今後の審議予定は..

・6/7(水)同(3時間)
   →共産党推薦で、堀尾教授が参考人に。
・6/8(木)審議(7時間)
   →ただし、途中で本会議が入る
    ここで継続審議の議決になると現在いわれている。

仮に6/8に継続にならなかった場合でも
 ・6/9(金)、6/13(火)午前中、6/14(木)は、文部科学委員会が開かれるので、特別委員会は開かれない。
 そのため、6/12(月)、6/13(火)午後、6/16(金)のいずれかで、特別委員会が召集され、議決で継続審議となる可能性が強い。
あと少し!こちらも共謀罪同様最後の最後で何があるか分からないが、注意深く見ていましょう。
07:42 | 教育基本法 | comments (1) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。