--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sun.

リバーの安否

 イラク人女性リバーベンドが運営するブログ「バグダッド・バーニング」は、占領下のイラクで生きる一女性市民の目から、占領下の生活・習慣・政治的発言などを描いている。その文は文学的とまで言われ、ブログ記事を纏めた書籍が英国ユリシーズ賞3位に入選した。このブログが6月10日以降、更新が止まったままになっている。もう2週間以上も更新がされていない。記憶する限りではこんなことはなかったはずだ。

 URUKNEWSによれば、バグダッドでは---

6月13日、ブッシュ大統領がイラクを電撃訪問(大掃討作戦のため極秘入国)し、その後、バグダッドでの米軍・イラク軍・民兵・警察ら約40,000人による大規模掃討作戦が開始された(内実は、米軍に付き従うシーア派至上主義民兵によるスンニ派掃討、略奪目的もあると言われる)。

◆米軍攻勢に際し、スンニ派地域で電話、インターネット遮断
US shuts down telephone, internet communications in Sunni areas as American offensive throughout Iraq gets underway
 米占領軍は電話回線と携帯の双方とも全電話サービスを遮断し、バグダッドのスンニ派地域のすべてでインターネット・コミュニケーションを妨害した--イスラム・メモが13日夜9時45分の速報で伝えた。
 イスラム・メモ通信員のレポートによると、米占領軍は午後9時から翌朝午前6時までの夜間外出禁止令を発令し、夜と早朝の祈りでもスンニ派住民が家にとどまり、モスクに行かせないようにした。
 夜間外出が禁止されているあいだ、米軍とイラク軍の兵士およびシーア派民兵による攻勢が実行されると、大量の軍用車両がアミリヤ、アザミヤ、ガザリヤ、マンスール、ジハード、シャブ、サリハその他のスンニ派居住地域になだれ込んできた。
 バグダッド駐在のイスラム・メモ通信員は、首都のスンニ派住民は13日から14日にかけての夜間に実行された攻勢にシーア派民兵が参加することも想定し、大量拘束から殺害にいたるまでの無差別攻撃に備えたとレポートした。
 イスラム・メモは今後数日は夜間のできごとについて報道が遅れるかもしれないと断りを述べた。なぜなら、米軍に後押しされた宗派至上主義者の政権が極度の鎮圧作戦というからには、イスラム・メモの通信員が拘束されると死以外の結末はありえないことを意味している。



◆兵力4万人の投入準備完了、「攻撃の日」が始まる
“The Day of Slaughter” to begin as puppet regime announces 40,000 troops ready to purge Sunni areas
 イスラム・メモは13日午後3時40分(メッカ時間)の速報で次のように伝えた--アメリカの作ったイラク傀儡(かいらい)政権は、数万人規模の傀儡軍兵士と傀儡警察、米軍兵士をアンバル州、サマッラ、バクーバ、モスル、キルクーク、マダイン、ラティフィヤ、ヒッラの各地に投入することを含め、大規模な軍事作戦を始めると発表した。関係者はやがて実行されるこの作戦を「攻撃の日」と呼んでいる。
 イスラム・メモ通信員のレポートによると、傀儡のマリキ首相が発表した声明は、この無差別拘束と鎮圧作戦の目的は「テロリストを引きづりだし、活動を遮断し、彼らを見つけ出して拘束するか中立化させる」ことだと述べた。「テロリスト」というのは、米国が承認した傀儡首相がイラク・レジスタンスを指して言った言葉である。
 傀儡イラク軍第6師団の関係者はイスラム・メモの取材に、この作戦はバグダッド市内のアミリヤ地区、ガザリヤ地区、マンスール地区、アザミヤ地区、ドーラ地区、サリハ地区、ジハード地区、シャブ地区の民家に対する急襲・捜索を含むものになると述べた。
 傀儡軍関係者は、イラクのスンニ派教徒は傀儡政権が実行を公式に述べた大規模掃討作戦におびえていると話した。一般市民に対するこの大規模攻勢に参加する傀儡部隊には、スンニ派に対する無差別拷問・殺害でよく知られるようになったバドル旅団のような親米シーア派の宗派至上主義民兵も参加すると報じられたため、イラクのスンニ派教徒は特に関心を強めている。
 アルジャジーラ衛星テレビは傀儡イラク軍のアブダル・アジズ・ムハンマド少将の話として、4万人以上の米軍兵士と傀儡軍兵士が14日にイラク国民に対する大規模な攻勢に着手すると報じた。同少将はこの攻勢には装甲付きの兵員輸送車と戦車が投入され、「容疑者」の居場所は諜報部隊からの情報に依拠することになると話した。
 少将によると、占領に対するレジスタンスのような「緊張」がある地域に「秩序をうち立てる」ための「戦略的な計画」なので、大規模な鎮圧作戦の結末に日限は設定されてないという。アルジャジーラによると、この計画は「明らかに米軍指揮官によって描かれた」ものだという。
 掃討作戦による最悪の事態を招かないための必死の試みとして、攻撃目標にあげられた地域では主だちとスンニ派の宗教指導者が、3人以上の子どもを持つ家族に対して、全家族が連行されて消されることがないよう、子どもたちを親類の家に分散させるように呼びかけた。

(以下「牧村しのぶのブログ」より
●アンバル州 Al-Anbar Province
◆ヒート: 米軍がラマディ避難民のキャンプを襲撃
US occupation troops attacked refugee camps in Hit

 イスラム・メモは20日午後5時40分(メッカ時間)の速報で、米軍の大規模攻撃を予想して数日前からラマディ住民が避難していたヒート市にある難民キャンプを米占領軍が襲撃した、と伝えた。
 イスラム・メモのヒート通信員は、現地時間で20日午後3時、米軍の大部隊がヒートにある学校(複数)を攻撃したとレポートした。学校にはラマディからきたイラク人男女と子ども200人が一時的に避難していた。米軍はまた古い行政庁舎も攻撃したが、ここにも避難民が米軍の蛮行から逃げられると期待して移動してきていた。
 米兵は避難民の所持品を捜索し、難民たちがやっとのことでヒートまで運んできたわずかな所持品を壊した。
 同通信員は米軍が「人民するためだけ」に多くの避難民を連行していったとレポートした。
 イスラム・メモの独占インタビューに対して、ヒート市当局のムハンマド・アル・ヒタウィは、避難民家族を助けるためのイラク赤新月社の車列さえも米軍が運行を阻止したと語った。ヒタウィの話では、赤新月社は医薬品と食料を運んできたが、避難民家族はそのような物資が不足して絶望の渕に立たされているのに、米占領軍が支援物資を届けるのを阻んだという。



●バグダッド Baghdad

◆治安部隊により拷問・殺人された遺体5体発見
Five more bodies tortured and murdered by puppet “Shock Troops” found

 バグダッドのシューラ地区で拷問・殺害されたスンニ派の若者の新たな遺体5体をイラク警察が発見した--イスラム・メモが20日午後7時50分の速報で伝えた。
 イスラム・メモ通信員は医療会計者の話として、バブ・アル・ムアザムにある法医学病院が5人の死体を受けとり、遺体のさまざまな部分に野蛮な拷問のあとがあったとレポートした。全員が頭を撃たれていた。
 その情報提供者は、遺体はスンニ派の若者であり、サリフ地区の自宅から内務省の治安部隊マガウィルによって6月16日に連行された者たちだと説明した。遺体は世紀に殴られたあとがあり、彼らの指の爪はペンチで引き抜かれていた。レポートは若者たちが朝殺されたと思われると示唆していた。



◆治安部隊とシーア派民兵がスンニ派住民を大量拘束
Security forces, Shi‘i sectarian militias make mass arrests in Sunni neighborhoods

 バグダッドのカジミヤ地区内のドバトとアンバリインのバグダッド地区において、内務省の治安部隊マガウィルがスンニ派の若者に対する大量拘束作戦を展開した--イスラム・メモが20日午後2時15分の速報で伝えた。
 イスラム・メモのバグダッド通信員は地元住民の話として、シーア派民兵を引連れて、内務省所有の小型トラック10台が20日朝にアンバリインとドバトを襲撃したとレポートした。彼らは約40人の地元住民を拘束し、彼らを連れ去った。
 現地の目撃者たちは、傀儡軍と民兵は襲撃・連行をしただけでなく、その機会に乗じて民家で泥棒し、現金と金のブレスレットを盗んだと話した。
 家族を連行された地元住民はイスラム・メモ通信員に、治安部隊とシーア派民兵に拉致された者は、通常、数日内に拷問で殺されて遺体となって発見されることから、連行された親類のために追悼式を準備していると語った。


●サラハッディン州 Salah ad-Din Province

◆米軍がサマッラ南の村を襲撃、強奪と爆破、50人連行
Americans raid village south of Samarra’,
ransacking, blowing up houses, arresting 50 villagers

 サマッラ(バグダッド北方1120キロ)の17キロのサイダウィヤ村の住民50人が20日明け方に米軍に拘束された--イスラム・メモが20日昼12時5分の速報で伝えた。
 イスラム・メモのサマッラ通信員は地元住民の話として、20日夜明け前の午前4時(現地時間)、米軍ヘリが彼らの村に着陸したとレポートした。米兵が現れると民家と庭園を襲い、獰猛(どうもう)な警察犬まで使って男女と子どもを脅した。米軍は民家を荒らしまわっては爆破した。15歳から50歳までの50人の村人が拘束された。
 イスラム・メモ通信員は、米兵が20日午前11時になってもまだ村内をうろついていたとレポートした。



●ディヤラ州 Diyala Province

◆バクーバ近郊に米軍が空襲、市民13人を殺害
American air raid near Ba‘qubah kills 13 civilians

 19日夜、米軍機がバグダッド北東65キロのバクーバ市近郊ダリ・アッバス地区の民家を攻撃した--イスラム・メモが20日午後12時39人の速報で伝えた。
 イスラム・メモのバクーバ通信員はイスマト・アブダル・アル・カディル・アル・バヤチ医師の話として、米軍空襲は13人を殺し、その中には2人の子どもと3人の女性が含まれているとレポートした。
 傀儡の合同調整センターが発表した声明によると、米占領軍は「テロリストの巣」を狙ったと主張したが、それ以上の詳細は明かさなかった。
 その日遅く、占領下のイラクではスンニ派最高の宗教権威であるイスラム法学者協会は、民家への爆撃で始まり空挺部隊も投入した米軍の攻撃を非難した。米軍は一般市民13人を殺害し、10歳の少年を含む4人の負傷者を誘拐した。
 法学者協会は、攻撃してきた米兵たちは「英雄的な軍事行動」を祝って酒を飲んでいると非難した。米軍はこの行動は「自由と民主主義を広め人権を守る」任務の一環だと発表した。







 リバーベンドもバグダッドに住んでいる。
 そして、
 彼女のこれまでの日記から彼女はスンニ派だと言われている。


--------------------------------

「イラク人にとっての新しい日」がイラク操り人形政府やアメリカ人たちのもっぱらの話題だ。たとえば2003年4月9日[訳注:バグダード陥落]の「イラク人にとっての新しい日」のように。そして彼らがウダイやクサイ[訳注:サッダーム・フセインの息子たち]を殺したときの「イラク人にとっての新しい日」。もうひとつの「イラク人にとっての新しい日」は、サッダームを捕まえた時。それから憲法草案を作った時の「新しい日」...なんだか知能テストの中にある質問みたいに思えてきたわ。もし「新しい」が「さらなる」という意味で、それから、「日」が「苦しみ」と同じに置き換えられるとしたら、「イラク人にとっての新しい日」ってどういう意味になる?

わたしはどう思っているかって?ザルカウィーのくそったれだわ(ブッシュの呼び方だとザイルカウィね)。彼はアメリカが作ったもので、彼らと一緒に来たのよ。そしてあきらかにもう利用価値がなくなったってわけ。彼の力は大きく誇張されて、軍隊や警官隊によって家族が殺されるのには、どれもこれもことごとく彼が言い訳に使われたわ。最初は大量破壊兵器、次はサッダーム、そして次はザルカウィーだった。今度は誰?イラク人拘束や殺害のために、誰が新しい言い訳に使われることになるの?それとも、もう言い訳なんか必要なくて、彼らはどんなことでもし放題ってことかしら。数か月前のハディッサでの虐殺がそのことを証明しているわ。「やつらにはもうザルカウィーは要らんのだ。」近所のお年寄りは手でハエを追い払うようにそのニュースを一蹴した。「ザルカウィーなんて政府はいくらでも持ってるさ。」

さてザルカウィーは死んだ。ブッシュとわれらがイラク操り人形たちのいうところによれば、イラクのひどい惨状は背後に彼がいたことが原因だったんだから、ものごとは良くなっていくはず、そうよね?自動車爆弾は少なくなるはずだし、民族浄化は終わり、軍隊に攻撃されたり包囲されたりすることはなくなっていく...それが私たちに約束されたことなのよね?いいことだわ。じゃあ、内務省の殺し屋軍団と銃をぶっぱなすのが大好きな外国軍隊をなくすには、一体誰が殺されればいいのかしらね?

午前0時47分 リバー
--------------------------------


I'll meet you 'round the bend my friend, where hearts can heal and souls can mend...

友よ、私の心が失われあなたさえ見分けることができなくなったら、どうか私を偉大な文明をはぐくんだ、チグリス・ユーフラテスの胸元に連れて行って欲しい。そこで私は心を癒し、魂を再生させるでしょう。

 これが彼女の最後の言葉にならないことを心から祈る。
スポンサーサイト
20:11 | イラク戦争 | comments (3) | trackback (-) | page top↑
Sun.

教育法学会公開研究会へのお誘い

 教育基本法法案問題で積極的な活動をしている教育法学会(教育関連の学者さんたちの中では皆さん第一線の超有名人)が、一般公開で研究会を開きます。どなたでも参加可能とのことなんですが、そんなに知られていないみたいなのでお知らせします。

日本教育法学会教育基本法研究特別委員会主催公開研究会
衆議院教育基本法に関する特別委員会における議論を分析する」

日時 20067月8日(土) 午後6時~9時
場所 明治大学リバティタワー11階 1113教室
報告
  西原博史(早稲田大学)
        「愛国心をめぐる論戦の分析」(仮)
  市川須美子(獨協大学)
        「学テ最高裁判決をめぐる論戦の分析」(仮)
  林量俶(埼玉大学)
         「学力テストを含む教育行政、
             基本計画に関する論戦」(仮)
  世取山洋介(新潟大学) 「教基法改正理由をめぐる論戦の分析」(仮)

資料代 500円
19:10 | 教育基本法 | comments (1) | trackback (-) | page top↑
Sun.

危なくなったら直ぐ解雇(ジョージ・ブッシュ?)

危なくなったらすぐ解雇。
どうしてこんな事ができるのだろう。解雇法理なんて一切無視なのか...。これじゃ将軍様の国との違いが分からない。
「SEC担当者」ガンバレ!

米ファンドでもインサイダー疑惑 情報18件
朝日2006年06月24日23時00分
 米大手投資ファンドでインサイダー取引疑惑が浮上し、米証券取引委員会(SEC)が調査に乗り出したと23日、米紙ニューヨーク・タイムズが報じた。調査過程で、ブッシュ政権に近い米証券界の大物から事情を聴こうとしたSECの担当者が解雇され、この担当者が事態を米議会に告発。政権を巻き込むスキャンダルに発展する可能性も出ている

 対象となっているファンドは「ピーコット・キャピタル・マネジメント」で、運用規模は70億ドル(約8100億円)。01年7月に米ゼネラル・エレクトリック(GE)が金融会社を買収した際、直前に金融会社の株を大量に取得する一方、GE株を空売りして1800万ドル(約21億円)の利益を出すなど、計18件の不透明な取引についてSECが証券取引所から報告を受けたという。

 SECは約1年半前から調査を始めたが、担当者が、ブッシュ大統領の有力支援者でもある米証券大手モルガン・スタンレーのジョン・マック会長兼最高経営責任者(CEO)から事情を聴こうとしたところ、05年9月に解雇された。

マック氏はピーコットの創業者に近く、ピーコットの会長を務めたことがあるほか、GEによる金融会社買収当時、金融会社側の助言をしていたクレディ・スイス・ファースト・ボストン(現クレディ・スイス)のCEOも務めていた。

 報道に対し、ピーコットは疑惑を否定。モルガン・スタンレーも関与を否定している。



●日経新聞
03:03 | その他 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Sat.

「ワタダ中尉、手続なく拘束 外部との接触断たれる」

 イラク戦争従軍を公に拒否した最初の日系人将校アーレン=ワタダ中尉が6月22日拘束された。ワタダ中尉は現在、弁護士以外の民間人との接触を禁じられている。

--------------------------------

ワタダ中尉は不法なイラク行きの命令を拒否 告訴されないままの拘禁下で

2006年6月22日
フォートルイス.ワシントン(2006年6月22日)

アーレン・K・ワタダ米陸軍中尉は、今朝早く6月22日の午前2時にワシントン州のフォート・ルイスに出勤し、イラクへ飛ぶ準備のために隣接するマッコード空軍基地への移動命令を拒絶した。ワタダ中尉は、イラクに対する戦争と占領は違法であり、したがってその戦争に参加することも違法である、と確信している。この時、彼は基地内に身体を拘束され、民間人との接触を禁じられた。

ワタダ中尉の弁護士エリック・ザイツ氏は、「今朝、ワタダ中尉は何らの法的措置や適正手続きなしに、基地に拘禁されている。ワタダ中尉に完全な発言禁止を命じたことで、軍当局の最大の関心事が不法なイラク戦争に反対するワタダ中尉の発言を封じることにあることが明らかになった。私たちはこのようなその正当性が極めて疑わしく、不適切な制限に直ちに異議を唱えるつもりだ」と語りました。ザイツ氏はワタダ中尉との接触を許されている唯一の民間人だ。

ワタダ中尉は将校としては初めてイラク戦争への派遣を公式に拒否した。今なお続くイラクに対する戦争と占領への参加を拒否することで、ますますその数を増しているイラクでのアメリカ合州国の行動全体に反対の立場を表明した高級将校、陸軍士官学校卒業者、現に兵役にある者また過去に兵役についた者たちの仲間に、ワタダ中尉が加わったのだ。ワタダ中尉の派遣拒否は、戦争に関連した犯罪に加わったとして下級兵士に科された一連の告発、昨日の計画殺人にかかわる9人の海兵隊員の起訴、イラクのハディーサでの大量虐殺の起訴、アブ・グレイブ刑務所関連の有罪判決-に触発されてなされたものだ。

ワタダ中尉は、イラク戦争・占領への参加拒否によって軍法会議にかけられようとしているが、イラク戦争・占領が違法であることを根拠に抗弁するつもりだ。ワタダ中尉は28歳、ハワイ州ホノルルで生まれ育ち、同所で陸軍に入隊、2006年12月3日除隊予定の3年間陸軍士官として従軍の義務を負っていた。ワタダ中尉は2006年1月フォート・ルイスに配属されたが、その際初めて職を辞するよう求められた。理由は中尉が「私はイラクで続けられている戦争に、この戦争を遂行するために用いられた欺瞞に、わが国の文民の指導体制のあらゆる側面にはびこる無法に、心底から反対するものです」と述べたからだった。

6月27日、ワタダ中尉を支援する全国行動日が、ウェブサイト.ThankYouLt.org の主催で米国の数十都市において行われる。
その中には以下の諸都市が含まれている:ワシントン州、フォート・ルイス;ワシントン州、トコマ;ハワイ州、ホノルル;ノースカロライナ州、シャーロット;オハイオ州、クリーブランド;ペンシルベニア州、ハリスバーグ;カリフォルニア州、サンフランシスコ;オクラホマ州、オクラホマシティー;ジョージア州、アトランタ;オレゴン州、コーバリス;オレゴン州、メドフォード;ニューヨーク州、ニューヨーク市;ペンシルベニア州、ピッツバーグ。


ワタダ中尉の母親キャロリン・ホーさんは子息を支援するためにホノルルから空路到着し、「息子がイラクへの派遣を忌避す決意を固めたのは熟慮の結果です。祖国愛からの行動です。全てのアメリカ人、軍務に服する男女に対して、恐怖心から沈黙を守る、そんな必要はない、一国の壊滅と、無数の罪の無い成人男女子どもの殺戮を止めるという、歴史の流れを変える力を皆さんは持っているのだ、と皆さんに語りかけているのです。盲目的に命令に従うことは今や採ってはならない選択なのだということをはっきり言い切っているメッセージなのです。わが子ワタダ中尉の姿勢は明白です。最後まで頑張るでしょう。どうかこの取り組みに息子とともに加わってください」と、今日語った。

「軍人家族は発言する」(訳注:軍人家族でイラク戦争に反対し発言している人々の会)のジュディー・リネハンは、「アーレン・ワタダ中尉の所属するストライカー旅団の初めての派遣でイラクに行った一人の将校の母であるので、私は戦争が如何に人の命を犠牲にするか身をもってわかっています。武装を解かれた国に対するこの違法な戦争と占領を何のとがめもなく遂行して国際法をないがしろにした一人の総司令官に逆らうワタダ中尉に連帯する立場に私は立っています。中尉の静謐な決意とわが国政府がでっち上げたウソの数々に面と向かっての真実追求は、法の支配に信を置く世界に希望をもたらします。ワタダ中尉、勇気ある態度をありがとう。」



--------------------------------

 米国国防省の発表に寄れば、2005年9月までの4年間に、基地を脱走した陸軍兵士は1万5314人だという。カナダへ亡命した兵士も多いが、カナダは亡命を拒否し、軍事裁判では有罪判決が続発しているらしい。
 現在、アメリカではベトナム戦争時代とは違い、徴兵制度は採用していない。そのため、良心的兵役拒否が認められるためのハードルは極めて高いと言われている。
 しかし、現在米国兵士は、その多くが貧しい家庭に生まれている。米国における経済格差は日本の比ではない。貧しい家庭に生まれ、家計を助けるため、また、イラク戦争のような不法な戦争に従軍することまで考えず、入隊した人も多い(ちなみに、イラクに従軍した兵士は手当として特別危険手当と家族手当として月額250~475ドル(5万円程度)を一時的に支給されたが、それも廃止されている。)
。格差による貧しさから20代のまだ未熟な若者たちが入隊し、女性も子どもも見境なしに虐殺する戦場へ送られていくのだ。
children.jpgmortar20attack20in20the20western20part20Falluja,20November2018,202004_jpg.jpgcrime24_jpg.jpgWPN1_jpg.jpg


 ワタダ中尉は、カナダでの亡命受け入れが拒否されている中、米国内からのバッシング、軍内部での迫害・軍事裁判という様々なリスクを背負いながら、不法な戦争に公に反対した。彼のメッセージは、不法な戦争による虐殺からアメリカ人の全て・自分の信じる自由の国を救うため私たちを含めた世界中の人たちに対して救いを求めているように感じる。

----以下 原文-------
続きを読む
22:26 | イラク戦争 | comments (5) | trackback (-) | page top↑
Fri.

「飛行場は非戦闘地域だ」(額賀長官)

 バグダッドは非戦闘地域なのか?
       ↓
額賀長官「飛行場は非戦闘地域だ

...........だそうだ。

空自撤収も「治安・多国籍軍・復興」で判断 安倍長官
朝日 2006年06月22日18時46分

 安倍官房長官は22日、陸上自衛隊の撤収後にイラクで活動を拡大する航空自衛隊の撤収時期について「治安状況、多国籍軍の取り組みの状況、復興の状況などを適切に判断して決めていきたい」と述べた。陸自の撤収条件だった4条件のうち、「政治プロセスの進展」を除く3条件を空自にあてはめる考えを示したものだ。衆院イラク復興支援特別委員会の閉会中審査で山井和則氏(民主)の質問に答えた。

 額賀防衛庁長官は同委員会で空自の活動範囲となるバグダッドについて「地域全体が戦闘地域か非戦闘地域か区別しているわけではない」としながらも「飛行場は非戦闘地域だ」と述べ、空港への乗り入れに法的問題はないとの認識を示した。


          ※ 安部発言としていましたが額賀氏でした。
02:19 | イラク戦争 | comments (12) | trackback (-) | page top↑
Wed.

【討論】 陸自イラク撤収について

 6/20 「自衛隊撤収...じゃなくて拡大」の記事について、議論できそうなコメントをいただきました。ありがとうございます。こういう一つのテーマを違う考え方で理性的に話し合ってみたいというのが私の願望でもありました(理性的にですよ)。罵愚さん、お時間があればまたご意見いただけると嬉しいです。私が気づいていないきっと重要な視点も見つかるはずと本気で私は思っています。

いただいたご意見は、
>きれいな水は平和と友好の象徴になると思う。サマワ周辺の地域では、自衛隊の給水活動の前後では乳幼児の死亡率が劇的に改善されたという。
 あなたには、おもしろくないニュースですか?
>理屈抜きの反対、なにがなんでも反対ですか?
というものです。
 私の意見は以下にお書きします(長くて申し訳ない><)。
            
続きを読む
19:56 | イラク戦争 | comments (2) | trackback (-) | page top↑
Wed.

自衛隊撤収...じゃなくて拡大

 2006/6/20、根拠もない大量虐殺であるイラク戦争から陸上自衛隊が撤収することが決定された。給水作業が中心なのよと、混乱するイラクの市民に水を配給するという人道的支援のために陸上自衛隊はイラクへ向かったはずだった。しかし、実際にはその水は自分たちと多国籍軍でその大部分を消費している。誰も、そんな理由で戦地へ向かったのでないことはもう誰でも知っている。自衛隊員が悪いなどとは全く思わないが、無法な戦争を勇気を持って拒否した日系米軍兵士ワタダ中尉のような人は一人もいなかったのだろうか。

 「陸上自衛隊撤収」、これは読んで字のごとく陸上自衛隊のみの撤収だ。今もイラクには、空自、海自は依然として戦争行為を続行している。6月14日から始まったバグダッドでの400万人以上を擁した一大殲滅作戦,現在ラマディで行われている大虐殺(明らかな民間人ですら見境無く撃ち殺すシーンがURUKNEWSに画像で残されている)は今も続いている。「イラクのアンネ」バグダッドバーニングのリバーベンドの日記は6月10日のまま更新されていない。
 このような時期に空自も海自も撤収するわけはない。そんなことアメリカが許すわけがないからだ。

 そして、自民・公明政府は撤収するどころか、さらに傷を深くしたいようだ。

空自の活動範囲拡大/額賀氏、イラク陸自撤退後

秋田魁新報社 2006.6.20

 額賀福志郎防衛庁長官は20日午後、防衛庁で記者会見し、イラク南部サマワの陸上自衛隊撤退後の支援について、現在はサマワ近郊のタリル空港とクウェート間の輸送業務に当たっている航空自衛隊の活動範囲を拡大した上、国連や米国など多国籍軍の輸送支援に乗り出すことを表明した。

 額賀氏は「国連、米国などの支援要請に応えていく。バグダッドや北部アルビルへの輸送が可能と考えている」と強調。活動範囲拡大に伴い、多国籍軍などとの連絡調整、情報収集に当たる空自の「バグダッド連絡班」を編成し、クウェートを拠点とする空自要員も約10人増員する方向だ。

01:53 | イラク戦争 | comments (5) | trackback (-) | page top↑
Tue.

今頃 安倍統一協会 朝日6/20

 今頃になって、メディアで安倍晋三官房長官が統一協会合同結婚式へ祝電を送った事件が報道されている。ブログでは1週間前以上から話題になっていた。マスメディアとブログの関係については多くのことを考えさせられる。

統一教会系の集会に安倍氏の祝電 弁護士が公開質問状
 朝日 2006年06月20日00時01分
 福岡市で5月に開かれた世界基督教統一神霊協会(統一教会)の関連団体の会合に、安倍晋三官房長官や自民党の保岡興治・元法相名で祝電が送られていたとして、全国霊感商法対策弁護士連絡会は19日、「統一教会の内外の宣伝に利用されかねず、遺憾だ」として、両氏に対して公開質問状を郵送した。
 この団体は、天宙平和連合(UPF)。統一教会創始者の文鮮明氏とその妻が代表を務め、05年9月に創設された。5月13日に大会を開き、統一教会とかかわりの深い韓国メディア「世界日報」(電子版)が、安倍、保岡両氏ら国会議員計7人が祝電を送ったと14日付で報じた。
 霊感商法などの被害対策に取り組んできた連絡会は、「祝電を送ることは統一教会の活動に賛同し推奨していると宣伝されかねない」として、祝電を送った経緯の説明などを求めている。
 連絡会によると、87年から05年にかけての強引な信者勧誘や資金集めに対する相談件数は約2万6000件、被害総額は約943億円に上るという。
 安倍氏の事務所は「私人としての立場で地元事務所から『官房長官』の肩書で祝電を送付したとの報告を受けている。誤解を招きかねない対応であるので、担当者にはよく注意した」とのコメントを出した。
 保岡氏の東京事務所は祝電について「把握していない」とし、地元事務所は「担当者が不在でわからない」という。
 UPFの担当者は「祝電の中身は公表を控えたい」と話している。


02:03 | 安倍晋三 | comments (3) | trackback (-) | page top↑
Sun.

国民投票法案に見る洗脳政策 

 国民投票法案(←条文全文はここ)について書いていこうと思っている。上程された国民投票法案について、詳細に検討がなされた意見書や声明などは現在のところとても少ない。網羅的に批判を加えているのは、現在のところ自由法曹団の意見書だけのようだ。


その意見書を踏まえて少し思ったことを書いてみる。この国民投票法案で今一番問題となっているのは、CM広告の扱いについてだ(公務員や教育者の運動制限も問題だが、この規制が問題であることは比較法的にみてもごく当たり前なのでここでは書かない。)。ちょっと経過を説明すると、国民投票法案は、2000年→2004年→2006年と修正されてきたのだが、2006年4月までは、メディア規制が設けられていた。その内容もまたすごいもので、要するに新聞やテレビなどのマスメディアなどは、論説や社説などで改憲案について意見を書いてはいけない、違反した場合には懲役刑とするという規制を中心とするものだった。当然のようにメディアから強い反対に遭い、4月にはこれを自主規制と言う形にしたが、ここで自民党は、全く違う方向へ突然方針転換した。


それが、CMを利用した国民の大洗脳作戦だ。

続きを読む
22:26 | 憲法・国民投票法案 | comments (15) | trackback (-) | page top↑
Sun.

とりあえず..そしてこれから

 いかにもタイミング良いことに北朝鮮がテポドン2号を発射するという情報が流れ、不安に駆られる中、164回国会は閉会した。
 国内では、憲法改正手続法である国民投票法案、愛国心を教え込み、政府が教育に介入することを原則とする教育基本法案、その立法の必要性すら怪しい共謀罪、そして、自衛隊の海外活動を本務化する自衛隊法改正と防衛省法案が継続審議となった。

 成立をさせなかったことは純粋に喜ぶべき事だと思う。
 しかし、ここで秋までしばらくお休みというわけにはいかなそうだ。 例えば教育基本法案については、自民党は既に秋の臨時国会での成立に向けて既にスタートを切ったらしい。

【平成18年 6月15日】

■ 教育基本法改正「秋の臨時国会で成立を」 文教合同会議 自民党HP


 文部科学部会・文教制度調査会合同会議は15日、衆院教育基本法改正特別委員会の審議状況について報告を受け、秋の臨時国会で成立を目指すことを確認した。審議状況について報告した町村信孝同委員会筆頭理事は「全体で49時間の審議を行ったが、成立できなかったことは誠に残念な思いだ」とした上で、民主党の対応について「真面目に良い法案を作ろうという姿勢は全くなかった。ひたすら時間をかけて、閉会中に地方公聴会をやろうという提案にも最後まで反対だった」と批判した。
 また、河村建夫文教制度調査会長は教育基本法改正への国民的理解をさらに深めるため、全国の都道府県連に「教育基本法改正フォーラム」の開催を要請したことを報告した。



 今から秋にかけて、自民党の総裁選が始まる。小泉首相が今国会の会期延長を断念したのは、福田氏と違い、お気に入りの安倍氏が閣僚であるため、会期延長となった場合には審議に追われ、十分に総裁選をたたかえなくなるからだという見方もある。
 事の真実は分からないけれども、いずれにせよ会期は延長されず、秋までに時間ができたことだけは確かだ。
 共謀罪については、さまざまなブログでその立法の必要性の嘘っぷりが暴露されはじめているが、国民投票法案と教育基本法案、自衛隊法についてはあまり話題が多くない気がする(検索をしても現在の法案に対する記事でなく、4月の骨子素案のものだったりする)。
 多分、この秋までの間には、マス・メディアは、またいつものようにどーでもいいようなニュースや不安を煽り続けるニュースを報道するだろうから、このブログではこれらの法案についての情報も送り続けようと思っている。
 ということでこのブログを見てくださっている希少な方、今後とも宜しくお願いいたします。
00:44 | お知らせ | comments (2) | trackback (-) | page top↑
Thu.

「海外派兵恒久化法」=「海外戦争法」素案

 国会終盤の6月9日、海外活動(派兵含む)を本務化とする防衛省昇格法案が国会に初めて提出され、そして、イラク戦争直前から直後にかけて世間を騒がせた「海外派兵恒久化」が再び復活されようとしている。

国連決議なしで自衛隊派遣可能 「恒久法」自民素案
朝日 2006年06月14日09時55分
 個別事例に対応した特別措置法でなく、一般法(恒久法)として自衛隊の海外派遣を定める法案の自民党素案が明らかになった。国連決議や国際機関の要請がなくても多国籍軍への参加を可能とし、新たに治安維持任務も付与する内容。14日の党防衛政策検討小委員会(委員長・石破茂元防衛庁長官)で提示される。

 自衛隊の海外派遣の根拠法としては、現在、PKO協力法のほか、時限立法のテロ特措法やイラク特措法がある。いずれも、派遣にあたっては国連決議や国際機関の要請などが必要だ。

 これに対し、素案では「紛争当事者の合意による要請」がある場合や、「日本として国際社会の取り組みに寄与することが特に必要と認める事態」でも、海外派遣を可能にしている。

 また、これまで認められていない海外での治安維持活動や要人警護などの警護活動もできるよう規定し、施設や物品保護などのために武器を使えるよう武器使用権限も拡大するとしている。

 海外派遣にあたっては「国会の事前承認」を義務づけるとしている。ただ、一般法による海外派遣を認めた場合、海外での武力行使を禁じた憲法との整合性が問われるのは確実で、自民党内の議論は曲折が予想される。

 一般法をめぐっては、02年12月に福田官房長官(当時)の私的諮問機関である国際平和協力懇談会が整備を提言。政府も03年8月に内閣官房に作業チームを設け、海外活動を包括する法の検討作業を進めている。



 この法案は、今の政府の本心を赤裸々に表している。
 国連決議などを要する特措法などとは異なり、個別の法律を不要とすることは以前のPOST小泉NO.2福田氏諮問機関の「国際平和協力懇談会」の提言にもあったし、イラク特措法制定の時にも議論がなされた。
 しかし、今回決定的なことは、もはや国連決議すらいらないと、アメリカのように単独行動主義の海外派兵をさせようとしていることだ。
 国際的な承認などいらない戦争。それは、今世紀最大にして最悪の戦争であるイラク戦争がまさにそれだ。
 つまり、政府は、専守防衛でもなく、国連決議に従った国際貢献としての軍事力利用でもなく、イラク戦争のような自国(というかアメリカ)の利益のための戦争を行うということを宣言しているに等しいのだ。
 このような法律ができたならば、もう憲法9条の改憲なんて無意味だ。そんなもの変えなくても自分が「特に必要と認め」ればいくらでも侵略戦争はできてしまうのだ。
 今、改憲論議が真っ向からなされているにもかかわらず、郵政問題という何の関係もない論点で法律制定において圧倒的優位に立ったのをいいことに、国民の声も聞こうともせず事実上憲法9条を無くしてしまおうというのである。共謀罪でもそうだった。条約を都合のいいように説明し、国民の目をごまかして成立させようとした。
 もうこの人たちに政権を任せることは限界を感じる。本当に必要であると信じるのであれば隠さず、ごまかさず全てを明らかにして議論すべきだろう。誤魔化し、嘘をつき、弾圧し、彼ら政府こそ、まさに教育基本法を「改正」すべきという根拠に言われる、なさけない日本人そのものだ。
 
02:27 | 憲法・国民投票法案 | comments (4) | trackback (-) | page top↑
Wed.

★緊急 教育基本法廃案要請署名

 教育基本法が廃案か継続審議かが今日6月14日の理事懇談会で決定されるようです。
 廃案に向けた署名が急いで必要な状況となっているようです。
 期限はなんと...朝10時まで!
 早起きされた方、夜更かしされている方、署名して教育基本法「改正」案を廃案にしましょう!

署名は→ここ←から
03:37 | 教育基本法 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Wed.

「保守政治家、戦前規範の教育を望む」ニューヨークタイムス6/11

ニューヨークタイムス(6/11)が東京の教育事情を紹介し、批判的報道をしている。リベラル派のニューヨークタイムス大西記者の記事であるから、またどうのこうのいうお方もいるだろうが、米国でここまでの記事が書けるのに、何故、日本では報道されないのだろう。


保守政治家、戦前規範の教育を望む

Japan's Conservatives Push Prewar 'Virtues' in Schools   The New York Times June 11, 2006

NYT611.jpg


 ここ東京の新設公立校教員養成センターで、最近ある講師が22名の若い日本人に自己本位と利己主義に対して警告を発した。
 講師は彼らに、他人を思いやる人間になるよう奨励し、「これが児童の教育上最も重要なことだ」と述べて、時にお説教とも響く内容の要約を示した。
 後で同センターの校長から、センターの指導理念は、戦前の日本の「美徳」---「戦後日本の60年間の教育で失われたもの」 --- をとり戻すことだ、との説明があった。
 「日本は、ずいぶん利己的で、実力者的で、自己中心的になった」と元ソニーの取締役で校長の田宮健次氏は言う。「このことについては、ひとり教育のせいだけとは言わない。 私たちの社会の仕組みに悪い面が多々ある」
 「しかし、教育はこうした傾向を構成する一部だ」と同氏は言う。「それで、今日本中で相当反省がなされている」と。
 日本政府は、戦前の国家主義の復活を防ぐため米国の占領中1947年に起草された教育基本法の改定に向けて動いている。与党自民党が提案した改定案では、愛国心、伝統、道徳心が強調され、より強い学校支配が政治家の手にゆだねられるようだ。
 占領時代の教育基本法は、児童に国家と天皇のため犠牲になることを教えた教育勅語に取って代わるものだった。
 日本の保守政治家は長らく、1947年の法律は公共の福祉以上に個人の権利を強調し過ぎていて、コミュニティーの衰退から青少年犯罪の増加まで助長してきた、と主張している。
 道徳心と愛国心の強調は、1990年代から、創造性と個人主義が賞美される世界市場で、日本をより競争力ある国にしようとする計画の一部として創造性と個人主義を奨励した教育に対する反動である。
 政治家と保護者の多くは今、学力水準、試験成績、規律の低下を、個人主義を強調したせいだとしている。
 こうした趨勢はまた、戦前のシンボルを再生させ軍国日本の過去を軽く扱っている教科書を使用させようとする保守側の、より大きな運動と連動している。
 さらに大きく見れば、教育基本法の改定は、日本に過去の過ちを繰り返させないという意味だった占領国米国の他の文書、平和憲法の改定という、よりデリケートな課題の先駆と見なされる。
 日本の公立校は長らく、リベラルな教員と保守政治家と官僚との間の激烈なカルチャー戦争の戦場だった。だが、過去10年で、左翼陣営の崩壊とあいまって、保守政治家が優勢となり、より強力に教育の造りなおしが可能となった。
 保守政治家の強さが最も感じられるのは、東京である。ここでは、右翼政治家石原慎太郎と、同じ思想の他の政治家が、リベラルな教員の影響を抑えた。
 教育の専門家は言う。1947年の法律を変えると、首都で始まったこの種の変化が全国に広がることになるだろう、と。
 東京では、過去3年間に教育委員会が、学校行事で愛国的でなかった350のケースで、教員を処罰した。処罰された教員たちは、国歌を歌い国旗の前に起立することを拒否したのである。国歌も国旗も、国の内外の多くの人にとって以前の日本軍国主義と結びついているものだ。
 いままで東京の高校では、校長と教員がいっしょになって、学校関連事項を決定するのが常だった。しかし、都教委は1998年に教員をアドバイザーに降格させて、事実上すべての決定を校長にゆだねさせた。2ヶ月前にこんどは、都教委はミーティング(職員会議)で教員が挙手することを禁止して、教員が意見を述べられないようにしたのである。
 東京都の副知事で前教育長、横山洋吉氏は、1998年の方針に抵抗する学校があったので、この通知を出した、と言う。「戦後の時期を通じて、日教組の運動も含めて、校長の権威は失墜し、みせかけだけになってしまった」と述べた。
 だが批判者は、この方針は教員の意見、特に組合員の意見を抑圧する意図があると言う。「通知していることは、単に挙手や投票の禁止ではなく、討論の禁止です」と、池田幹子さんは言う。彼女は、学校行事で国歌の演奏を拒否して懲戒処分にされた音楽教員である。「今学校では、自分の意見を表明する人はほとんどいません」と。
 批判者は言う。こうした変化で、石原や、東京の中都市杉並区の区長山田宏のように彼に同調する政治家に、権力が効果的に集中したと。
 区長として2期目の山田は、保守的な教科書の採用推進に成功し、新しい教員養成センターも開いた。
 彼は若い成人のイベントで神風パイロットの遺言を読み上げたり、第2次世界大戦を右翼好みの用語の「大東亜戦争」と呼んだり、石原同様中国を、過去日本が占領中に使用した軽蔑語の「シナ」と呼んだりしている。
 山田は、この記事のインタービューに応じようとしなかった。
 

 杉並区の教育委員会は、教育方針を支配している。しかし、委員が選挙される米国の教育委員会と異なり、日本の教育委員会委は母地方自治体の長が任命する。
 「教育委員会は、公式に独立している」と、杉並の5人の教育委員会委員の1人大蔵雄之助(75歳)は言う。「しかし現実にはそうではない」と。
 「陰に陽に」と大倉は付け加える。「区の意向が実行されている」と。
 新任命委員が区長の見解に同調する中、同教育委員会は、昨年3対2の投票結果で、ナショナリストの「新しい教科書を作る会」が著述した歴史教科書を採択した。同会は、戦後教育では日本の過去の悪事を強調し過ぎていて、今の若者にはもっと愛国的教育が必要だと主張している。
 大蔵は言う。主流の歴史学者は、この教科書は日本の過去の軍国主義をいいかげんに扱っていると言い、全国でこの教科書を採択した教育委員会は少ないが、区教委は最良の教科書だと考えている、と。
 杉並区の学校では、4月にこの教科書の使用を開始した。同時に新しい教員養成センターもオープンした。そして、同センターのこれからの卒業生にはこの区で教育業務につける保証が与えられた。
 提案された教育基本法改定案に批判的な人々は、もし承認されたら、全国の政治家が、杉並区長がしたように、地方の教育に影響を与えることができるようになるだろうと言う。
 東京の国際基督教大学の教育学教授藤田秀典氏は、改定すれば、全国の政治家に教育方針支配へのゴーサインが出て、さらにいっそう行き過ぎになると述べた。
「もしそうなれば」と同氏は言う。「教員にとっても学童にとっても、困った事態になる」と。

03:25 | 教育基本法 | comments (1) | trackback (-) | page top↑
Tue.

覚せい剤所持の弁護士に懲戒請求

 事件の相手方として知っている方だったのでとても驚いた。
私は同じ単位会(各地方それぞれにある単位弁護士会のこと)の弁護士だが、下記の報道によれば、捜査機関には自白をしたが、弁護士会には、覚醒剤であるとの認識がなかったと供述しているということなのだろうか。それであれば問題を感じるが。もう少し情報を入手した上でコメントしたい。


横浜弁護士会、覚せい剤所持の弁護士に懲戒請求
(読売新聞) - 6月12日21時33分
 横浜弁護士会は12日、同会所属の鎌田哲成弁護士(60)(神奈川県小田原市)が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕・起訴されたとして、綱紀委員会に懲戒請求したと発表した。

 弁護士会によると、鎌田弁護士は4月26日午後5時ごろ、東京都渋谷区代々木のJR代々木駅西口付近で、覚せい剤約0・347グラムを所持していたとして、警視庁に現行犯逮捕。5月15日に起訴された。

 鎌田弁護士は弁護士会の聴取に対し、所持を認めたうえで、「法律相談を受けたいと呼び出され、待ち合わせ中に外国人に茶封筒を渡された。入っているのが覚せい剤とは思わなかった」と釈明している。

 同会の木村良二会長は「弁護士に対する国民の信頼を踏みにじるもので極めて遺憾。綱紀委員会の調査を通して真相解明をするとともに、厳正に対処したい」とのコメントを出した。

03:57 | その他 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Tue.

共謀罪:民主党、撤回を法相に申し入れ

 共謀罪を徹底追及する情報流通促進計画byヤメ記者弁護士さんから情報拝借。
 
 自民党が散々、条約に批准したから制定が必要であると声高に論じてきた共謀罪。実は、その制定を求めているとされる国連の「立法ガイド」によると、制定の必要性が極めて疑わしい事実が明るみになってきている。これらの疑問に法案提出者の与党は現在黙秘を続けている。
 そんな中、同じく共謀罪を上程している民主党が重い腰をあげた。
民主党は、共謀罪制定の「必要性から見直し」まで求めている。

共謀罪:民主党、撤回を法相に申し入れ

毎日新聞 2006年6月12日 19時26分

 民主党「次の内閣」法務担当の千葉景子参院議員らは12日、「共謀罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を撤回するよう杉浦正健法相に申し入れた。「継続審議にしても新内閣の下でこれまでと同様の混乱が繰り返され、いたずらに時間が浪費されることは明白」として、法制化の必要性を再検討すべきだと主張している。法相は「国会で決めたことに従う」と答えたという。

03:05 | 共謀罪 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Sun.

安倍官房長官 統一教会合同結婚式に祝電

 なんだか気づいたら若干重い記事が続いたので、今日は軽めの記事をお送りしよう。ほんと、ブログって報道されないニュースがたくさんあるものだ。 自民党の人々が、カルト教団と懇意だという噂は聞いたことがあったのだが、政治家たる者、こういう一つの宗教(しかも社会心理学を駆使した洗脳行為が問題となった統一教会)を宣伝・助長することになる行為をまずいとは思わないのだろうか。総裁になった後にも靖国に行かれるつもりのようだが、一体、官房長官の信ずるものはなんなんだろう。 (原文も貼ろうとしたが、何故か貼ることができない。訳文のみ掲載、原文を確認したい方はここから)

/安倍晋三内閣官房長官 統一協会主催合同結婚式に祝電 民間次元の世界平和運動をして来た天主平和連合(UPF)の「祖国郷土還元日本大会」が国際合同結婚行事とともに 13日、日本福岡県マリーンメッセ福岡で開かれた。 日本天主平和連合(紐帯行会長) 主催で開かれたこの日の大会は日本全国で民間平和運動を広げる2000人余りの平和活動家を含めて福岡地域リーダーと UPF 会員など 8000人余りが雲集した中に開かれた。 特に韓日間の民間交流主役になる両国の男女 2500カップルの合同結婚式も同時に開催された。 UPFはこの日福岡を始まりに24日まで日本内12都市を毎日一都市ずつ巡回する福岡大会には安倍晋三内閣官房長官や元法務大臣を歴任した保岡興治衆院議員など国会議員 7人が祝電を送った。 宮島大典前衆院議員など福岡および熊本地域の有力人士,商工人団体代表 30人余りも参加してUPF平和運動に支持と参加意思を送ったし地域有力人士 6人も平和せりふに新たに任命されて活動に出た。 文鮮明総裁と一緒に UPF 共同創設者である韓鶴子総裁は「天主平和王国時代宣布のお話」という題目の特別講演を通じて「世界すべての国々が力量を総掛かりして大宇宙の株のなった神様が願う平和以上世界王国創建にすべて邁進する時が来た」、「このメッセージは空がこの時代に下る警告です祝福だから心に刻まなければならないこと」と言った。


(訳:kamayanさんのHPより引用)
15:43 | 安倍晋三 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Sun.

イラク戦争画像(1) なくなっちゃう前に

 ネットから無くなってしまう前に画像を残しておこう。
見たことある人はイラク戦争をもう一度思い出し、見たことのない人は、今私たちが参戦している戦争の現実を知った方がいい。
(画像をクリックすると少し大きな画像になります)


mosque20in20Falluja,20November2013,202004_jpg.jpg

WPN1_jpg.jpg

Najaf20residential20area20August2018,202004_jpg.jpg

outside-FallujahOct_2030,202004_jpg.jpg


Dahr Jamail's Iraq Dispatches
http://dahrjamailiraq.com/gallery/albums.php

続きを読む
02:29 | イラク戦争(画像) | comments (2) | trackback (-) | page top↑
Sun.

良心的兵役拒否 ~アーレン・ワタダ中尉

「侵略に値することをしてもいない国民に対する不法で不道徳な戦争に加担することを、私は拒否する」

 イラク派遣任務を公然と拒否する最初の米軍将校となった米陸軍のワタダ中尉は、彼の決断を支援するウェブサイトに考えを表明した。「私は戦友のためにイラクに行きたい。しかし最善の道は砲弾を注いだりさらなる死と破壊を引き起こすのを助けることではない。最善の道はこの戦争に反対し終わらせることであり、そうすれば全兵士も帰還することができる」と。

 http://www.thankyoult.org/

 Thankyoultは、中尉(Lt =Lieutenant)ありがとう、という意味であり、サイトのタイトルも、「不法な戦争に抵抗してくれて、ワタダ中尉ありがとう」と書かれている。
 中尉が所属する第2歩兵師団第3旅団は、さる2日、イラク派遣の儀式を催したばかりで、2度目のイラク派遣の準備に今月中にもとりかかることになっている。
 カリフォルニアに本拠を置く反戦団体<われわれの名を語るなNot In OurName>のジェフ・パターソンは、この将校から6ヶ月前に電子メールを受けとり、公然と派遣を拒否すれば支援してくれるかと尋ねられた。その後の数ヶ月、2人は電子メールで意見を交わしてきたが、最近、パターソンは中尉から支援を集めてほしいと要請されたという。

06/6/7URUKNEWS

         以下、アーレン・ワタダ中尉の声明


声明
アーレン・ワタダ中尉
2006年6月7日

家族、友人、信仰心篤い地域のみなさん、マスコミのみなさん、そしてすべてのアメリカ人同胞のみなさん。本日はおこしいただき、ありがとうございます。

私はアーレン・ワタダと申します。アメリカ合衆国陸軍中尉であり、3年間服務しています。

合衆国陸軍の将校として、重大な不正義に対して声を上げることは自分の義務であると考えます。私の道徳と法的義務は、憲法に対するものであり、無法な命令を下す者に対して負うものではありません。きょう私がみなさんの前に立つのは、兵士たち、アメリカの民衆、そして声を上げることもできない罪なきイラクの人たちのために何かを行い、彼らを守ることは私の任務だと考えるからです。

米国軍隊の将校として、イラク戦争は道義的に過ちであるばかりでなく、合衆国の法をも手荒く侵害する行為であるという結論に達しました。私は抗議のために退役しようと試みましたが、にもかかわらずこの明白に違法な戦争に加わることを強制されています。違法行為に参加するようにという命令は、間違いなくそれ自身が違法です。
私は、名誉と品性を重んじる将校として、この命令を拒否しなければなりません。

イラク戦争は、抑制と均衡というわが国の民主的システムを侵害しています。この戦争は、憲法の規定によってアメリカの国内法と同等とされる国際条約や国際的慣習に違反しています。ほとんど満足な説明もなされていないイラク民衆への大量殺戮と残虐行為は、道徳的に重大な誤りであるにとどまらず、陸上戦に関する軍事法そのものの違反行為でもあります。この戦争に参加すれば、私自身が戦争犯罪の片棒を担ぐことになるでしょう。

平常であれば、軍隊にいる人間も、自分の思うことを話し、自分の利益になるよう行動することは許されます。そうした時代は終わってしまいました。私は上官に対して、われわれの行動の意味するところを大局に立って判断するよう求めました。しかし、まっとうな回答は得られそうにありません。私は将校に就任するとき、アメリカの法と民衆を守ることを宣誓しました。違法な戦争に参加せよとの違法な命令を拒むことにより、私はその宣誓に従います。

ありがとうございます。
military-250.jpg

続きを読む
01:28 | イラク戦争 | comments (3) | trackback (-) | page top↑
Sat.

ワールドカップとイラク from Riverbend

 昨日からワールドカップが始まった。今、世界中がワールドカップに熱狂している。もちろん、出場国である日本でもお祭り状態だ。私も学生の頃サッカーをたしなんでいたため、小泉さん同様、政治問題も忘れてこの間はサッカー漬けになりたい気持だ。しかし、世界の中では、国民一人一人はサッカーが大好きでも、それが国の方針で規制される国もある。

 イラク- この国もわずか数年前までサッカーの盛んな国だった。「ドーハの悲劇」を覚えている人も多いだろう。イラクは西アジア選手 権で優勝経験もあるアジアの中ではサッカー強国だったのだ。

  2006年6月7日、H組のチュニジアは、ドイツでイラクとの親善試合を 予定していたが、同国サッカー協会は「イラクがドイツに入ることが できない。行政上の問題」として中止となったことを発表した。
  イラクで何が起こっているのか----。

 私は、バグダッド在住のイラク人女性リバーベンドのブログ(Baghdad Burning)を1年半ほど気に入って読んでいる。彼女は、危険で過酷な状況のバグダッドを明るく知的に綴っている。現代版「アンネの日記」という感じだ(一週間ほど更新がないと、とても心配になる。)
 彼女の伝えるところによれば、アメリカの侵略によって作られた「自由の雛鳥」政権は、人々からサッカーすらも奪い取ろうとするようだ。
 イラク戦争は、自由と民主主義のために行ったという。ブッシュの頭に描く自由と民主主義は、どんな内容なのだろう。

「Baghdad Burning」2006/5/31より

続きを読む
20:03 | Diary | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Sat.

愛国心通知票実施状況 増加?減少?

 朝日新聞は、愛国心通知票の実施状況調査を2003年に行っていたが、この調査を2006年にも行った。その結果、2003年よりも約20校微増していることが分かった。しかし、この間には、一度愛国心評価を通知票に盛り込んだが削除したという学校が122校もあったということであり、見方によっては、現在は減少傾向にあるとも言える。
 教育に携わる人たちは、上から言われたから「取り入れる」、「削除する」というのではなく、子どもたちにとって本当に何が良いことなのかという発想で考えていってもらいたいものだ。


続きを読む
18:33 | 教育基本法 | comments (2) | trackback (-) | page top↑
Fri.

天皇陛下に敬語使え ~小坂文科大臣

 文科大臣、今度は不敬罪作り直すつもりでしょうか...。

陛下報道で敬語なしを批判 文科相、教基法特別委で
[共同]2006年 6月 8日 (木) 12:38
小坂憲次文部科学相は8日午前の衆院教育基本法特別委員会で、天皇、皇后両陛下が公園を散策されたことを報じた一部の新聞記事で敬語表現がなかったことについて「新聞だから、字数が限られているから、で済まされる問題ではない。敬語を使うべき方には敬語を使い、親しみを持つために使う言葉と敬語をうまく混ぜて伝えることが必要だ」と述べ、記事を批判した。

安倍晋三官房長官はこれに関連し「個人的には」と前置きした上で「ここで敬語を使わなければ誰に敬語を使うのかと感じる。感じ方を強制するわけではないが、政治家個人としては違和感がある」と述べ、天皇、皇后両陛下を報じる記事に敬語を用いないことに疑問を示した。

同時に安倍氏は「陛下への敬語の使い方は(報道)各社でニュアンスが違う。使い方に対して政府がとやかく言うべきではない。各社の判断と思う」とも述べた。

02:09 | 教育基本法 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Fri.

2003年朝日新聞調べ 愛国心通知票導入状況

 福岡、埼玉に続いて愛国心通知票が話題となった愛知県。一体今、全国でどの都道府県に何校が愛国心通知票を導入しているのだろう。
 小泉総理が、06/6/1愛国心を評価基準とすべきでないと特別委員会で述べ、愛国心通知票を見直す動きが出ているが、「国を愛する心情」の育成が教科の学年の目標の一つに加わった2002年の新学習指導要領以降、愛国心を評価されてきた子どもたちは現実に存在する。この子たちは一体どう育っていくのだろうか。

 ちなみに、2003年朝日新聞調べによる愛国心通知票の導入状況は以下のとおり。

■「国を愛する心情」などを通知表に使った小学校のある市町

採用して
いる県 採用校  採用校のあった市町
岩手県  4 盛岡市、宮古市、一関市
福島県  8 いわき市、会津若松市
埼玉県 37 熊谷市、行田市、川里町、騎西町
山梨県  3 甲府市
静岡県  3 静岡市
愛知県 15 西枇杷島町、豊山町、師勝町、西春町、新川町
福井県 11 勝山市、坂井町、丸岡町
京都府 10 八幡市、京田辺市、宇治田原町、井手町
山口県 11 防府市、光市
福岡県 67 福岡市、柳川市
長崎県  3 諌早市
合計 172(11府県28市町)


 20060609013351.jpg
愛国心通知票(福岡)

01:38 | 教育基本法 | comments (3) | trackback (-) | page top↑
Thu.

愛国心通知票(愛知県)

6.8 6月1日の教育基本法の特別委員会を傍聴したのだが、その際、小泉さんは、愛国心を評価の対象にすべきでないと言っていた。
これを受けて方針を変更する学校が出てきているようだ。
うーん 身替わり早い。いいんですけど。

続きを読む
09:24 | 教育基本法 | comments (2) | trackback (-) | page top↑
Thu.

ちょっとしたまとめ

6.8 今国会ちょっとしたまとめ。
続きを読む
06:13 | その他 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
Thu.

ウヨクとサヨクとお国さま

午前4:10 まだ仕事中だ。

疲れてきたので思いつくまま日記でも書いてみる。
変なこと書いたらすみません。【守秘義務は当然守ります】
続きを読む
04:25 | Diary | comments (2) | trackback (-) | page top↑
Thu.

板橋高校事件について ジャパンタイムス6/7社説

 ジャパンタイムス(2006/6/7)の社説に、卒業式における起立国歌斉唱を巡り罰金20万円が言い渡された板橋高校事件についての記事がある。日本のマスコミよりジャパンタイムスの方が冷静なのがとても皮肉だ。

続きを読む
02:28 | 教育基本法 | comments (10) | trackback (-) | page top↑
Thu.

共謀罪・参加罪ともに不要? 「与党は釈明を」の声高まる

 最近、共謀罪の関係では、国連「立法ガイド」の原文から解き明かす社民党の保坂展人議員のブログ「保坂展人のどこどこ日記」に注目が集まっている。ヤメ記者弁護士さんをはじめ様々なブログで日々疑問が吹き出してきている。
 今日の保坂議員ブログでは、なんと実は共謀罪どころか参加罪すらも作る必要がないのではという疑惑が見つかったというのだ。両者とも作らない場合には「未遂以前」を処罰する規定を作る必要があるとのことであるが、予備罪ではだめなのだろうか。未遂以前と言えば私たち法曹が直ぐ思いつくのは、「予備」だが、殺人等重大犯罪には予備罪は既にある。
 少なくとも、様々な代替手段がある中、与党(対案という意味では民主党もそうだが。私は民主党は本気で作ろうと思っているのではないと信じている。そうでしょ小沢さん。だって要らないかもしれないんだから)が安易に共謀罪が必要であると大宣伝をして、私ら一般庶民が気づかないと思って馬鹿にしていた可能性が高い。
 保坂議員だけでなく、民主党も共産党も私ら一般庶民も、与党に馬鹿にされないよう研究しよう(と言いながら、私自身、ヤメ記者さんや保坂議員の情報に頼りっきりだけども)。

 以下保坂議員のBLOGから引用。
続きを読む
00:44 | 共謀罪 | comments (5) | trackback (-) | page top↑
Wed.

164回国会会期延長をしないことが「ほぼ」確定

会期延長をしないことがほぼ確定したようだ。
やった-と喜びたいところだが、6月18日まで気が抜けない。
だって丸呑みしちゃう人たちだし。教育基本法も国民投票法案も民主党は対案を出している状態なので、あくまでも理論上はあり得ないわけではないのだ。


「会期延長せず」安倍官房長官と武部幹事長が確認
朝日 2006年06月07日13時41分
 安倍官房長官と自民党の武部勤幹事長は7日、同党本部で会談し、18日に会期末を迎える今国会の会期を延長しない方針を確認した。小泉首相と与党執行部が来週、協議し、最終的に決定する。

 今国会では、教育基本法改正案や憲法改正の手続きを定める国民投票法案、「共謀罪」を創設する組織的犯罪処罰法改正案などの重要法案が軒並み継続審議となるが、武部氏は「長年の懸案だった法案をたくさん提出したことに意義がある」と安倍氏に語ったという。

 これに関連し、政府高官は「行政改革推進法が成立したことは大きな成果だ」と記者団に強調した。



22:39 | お知らせ | comments (2) | trackback (-) | page top↑
Wed.

明日(6/8)のTV 「変貌する日米同盟」

明日、6/8、6/9と2回シリーズでNHKスペシャル「変貌する日米同盟」が放映される。NHKが公表している番組内容は以下のとおり。

「ことし5月、日米政府は3年にわたる協議の末、在日米軍再編の最終報告に合意。沖縄海兵隊8000人のグアム移転など「基地負担の軽減」が盛り込まれた一方で、自衛隊と米軍の一体化を推し進める「同盟の抑止力強化」が強く打ち出された。この日米同盟の変貌は、基地の地元、国民一人一人の生活に何をもたらすのか。交渉の過程で政府はどんな針路を選び取ったのか。そしてそれは、本当に我々に平和と安全をもたらす選択なのか。米軍再編(=日米同盟の再編)を2回シリーズで多角的に検証する。」

 ここで注意すべきなのは、NHKが在日米軍の再編を「日米同盟」とはっきり呼んでいることだと思う。この問題は、米軍再編というよりも日米軍事同盟の変化というのが最も適している。在日米軍の配置問題ばかりが新聞紙上を騒がせている。
 しかし、米軍再編の内容を決めた日米安全保障協議委員会(2+2)中間報告・最終報告では、日本の国土防衛・専守防衛という目的を超えて、地球的規模でのアメリカとの軍事的共同という日米同盟の本質的な転換が約束されていたからだ。

 北朝鮮が攻めてきたらどうするのという議論でとまどっている間に、どんどん日本はイラク戦争のような海外での侵略戦争ができる国にすすもうとしているのかもしれない。
12:19 | 日米軍事同盟(米軍再編問題) | comments (3) | trackback (-) | page top↑
Wed.

教育基本法審議もあと少し!

現在特別委員会の審議に係っている教育基本法ですが、今後の審議予定は..

・6/7(水)同(3時間)
   →共産党推薦で、堀尾教授が参考人に。
・6/8(木)審議(7時間)
   →ただし、途中で本会議が入る
    ここで継続審議の議決になると現在いわれている。

仮に6/8に継続にならなかった場合でも
 ・6/9(金)、6/13(火)午前中、6/14(木)は、文部科学委員会が開かれるので、特別委員会は開かれない。
 そのため、6/12(月)、6/13(火)午後、6/16(金)のいずれかで、特別委員会が召集され、議決で継続審議となる可能性が強い。
あと少し!こちらも共謀罪同様最後の最後で何があるか分からないが、注意深く見ていましょう。
07:42 | 教育基本法 | comments (1) | trackback (-) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。