--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Sat.

ブッシュへの侮辱で起訴 ワタダ中尉

 イラク戦争への従軍を拒否し続けるワタダ中尉が起訴された。
従軍に拒否しているので、「移動不参加罪」はまだ予測可能だが、ブッシュに対する侮辱罪って何ですか?理解できない。本当に理解できない。政治家などの公人に対する批判は相当程度甘受されるべきは当然だ。そうでなければ、政治の議論などそもそもできない。私たちが小泉氏や安倍氏の政治を批判すると刑務所へ行けと言われたら、何も言えやしない。
 たった一人でブッシュ・アメリカと闘う青年を見て、同年代の頃にどうせアメリカの支配から抜け出せないとあきらめていた自分を恥じる。

「軍、ワタダ中尉を大統領侮辱で起訴;7年以上の陸軍刑務所入りに直面」<不法な戦争と占領を拒否することは犯罪ではない>

7月5日、米国陸軍中尉アーレン・K・ワタダ中尉は、軍事司法統一法典の3カ条、すなわち、移動不参加(第87条)、上官に対する侮辱2件(第88条)-特に G. W.ブッシュ大統領に対する-、そして、将校・紳士にあるまじき不作法行為3件(第133条)によって、正式に起訴された。この6件の起訴全てに高等軍法会議で有罪となれば、ワタダ中尉は7年以上の陸軍刑務所入りを言い渡されることも有り得る。
ワタダ中尉の弁護士エリック・ザイツ氏は今朝、「移動不参加罪は予想していたが、侮辱罪、無作法罪には虚を突かれた感じで、ワタダ中尉の言辞の内容の再検討を必要とし、米国憲法修正第1項(訳者註:言論の自由条項)の重要問題を提起するものだ。我われは軍がこれらの問題を法廷の場で議論する機会を与えてくれたことに、満足している」と語った。

これまでの第88条に関わる訴追は、ほとんどが南北戦争と第一次世界大戦時のものであり、知られている直近の訴追は1965年だった(ハウ対米国)。ハウ小尉はベトナム戦争に反対していた。(訳者註:ヘンリー・ハウ(Henry Howe)少尉が米軍基地へのデモに私服でプラカードを掲げて参加し、軍法会議に掛けられ重労働2年に処せられた。おだやかな政治的意思表示にたいしては罰が厳しすぎるというのが、大方の評価だった)

ワタダ中尉が6月22日にイラクへの移動を拒否する前から、軍は中尉の発言に調査を絞っていた。実際の起訴によって、軍の主要な意図がワタダ中尉の異議を黙らせることにあることが確認された。

<全国啓発および行動キャンペーンで対応>

私たちは皆さんに、個人としてまた団体として、向こう数週間から数カ月、米国陸軍エレン・K・ワタダ中尉支援のためにできる限りのことをしてくださるようお願いいたします。

私たちは、ワタダ中尉の行動が、不法な戦争と占領に立ち向かい終結させるという、また、不法な戦争、占領および戦争犯罪に加われとの不法な命令を拒否する意思を貫いている勇気ある兵士や将校を支援するという、歴史的な機会を与えてくれていると確信しています。私たちは、ワタダ中尉の行動を、より良い、公正でより平和的な世界へ向かう意義深い一歩と位置づけたいと思います。

<国際行動日;フォート・ルイスでの大衆行動>

ワタダ中尉の家族・友人たちは、中尉の軍法会議が予定されている日-恐らく9月の何日か-の前日に、国際支援行動を行うよう呼びかけています。

私たちは諸団体に、自分の地域の適当な場所(連邦ビル、兵士募集センター、目立ちやすい交差点など)で、デモ、集会、行進、パレード、ビジル、それに啓発行動の企画を練り始めることを願っています。

太平洋岸北西地域の個人・団体、移動可能な仲間たちは、行われる軍法会議に向け、軍法会議前の一連の啓発行動に向けて、フォート・ルイス(シアトル/タコマの南、オリンピアの北)に集結して下さい。

<不法な戦争と占領に対する啓発と反対行動>

私たちは支援してくださる皆さんに、向こう数カ月、所属する団体、ネットワーク、地域社会に、ワタダ中尉の行動について、イラクに対する戦争と占領が不法であることについて、啓発をして下さるようお願いします。

やり方としては、様ざまなニュースレターやウェブサイトへの記事の掲載、編集者への手紙や論説の投稿、ティーチイン、ビデオ上映、などがあります。

私たちは向こう数日から数週にかけて、啓発のアイディア、資料(ビデオ、ティーチインのアイディア、ダウンロード可能な啓発用資料など)の最新の情報を送ったり、ウェブサイトに掲載するなどなどをするつもりです。

<ワタダ中尉支援キャンペーンの目標>

ワタダ中尉に対する支援キャンペーンがめざす目標は、以下の通りです。
1) ワタダ中尉を処罰させないこと
2) 不法な戦争と占領への参加を拒否することによって、国際法、軍法、アメリカ合州国法を遵守しているワタダ中尉たちにたいして、膨大な市民による支援を形成すること
3) 無法なイラク戦争と占領を非合法化すること。
4) 不法な戦争と占領を拒否する者を訴追したり、不法なイラク戦争と占領を継続することが、社会的にも、政治的にも、経済的にも大きな代償を払わねばできないような状況を作ること
Army charges Lt. Watada with contempt towards president; Faces over seven years military prison
Refusing illegal war and occupation is not a crime!

International day of action and mass mobilization at Fort Lewis, Washington

National education and action campaign underway


On July 5, U.S. Army First Lt. Ehren K. Watada was formally charged with three articles of the Uniform Code of Military Justice: two counts of contempt towards officials (Article 88) - specifically President G. W. Bush, three counts of conduct unbecoming an officer and a gentleman (Article 133), and one count of missing movement (Article 87). If convicted of all six charges by a general court-martial, Lt. Watada could be sentenced to over seven years in a military prison.

Lt. Watada’s lawyer, Eric Seitz, said: "We expected the missing movement charge, but we are somewhat astounded by the contempt and conduct unbecoming charges. These additional charges open up the substance of Lt. Watada's statements for review and raise important First Amendment issues. We are delighted that the Army has given us the opportunity to litigate these questions."

Most previous prosecutions of Article 88 took place during the Civil War and World War I, and the last known prosecution was in 1965 (Howe vs. U.S.). Lt. Henry Howe protested U.S. foriegn policy during the Vietnam War.


Even before Lt. Watada refused to ship out to Iraq on June 22, the Army was focusing their investigation on his speech. The formal charges confirm that the Army’s primary objective is silencing Lt. Watada’s dissent.

National education and action campaign responds


We are asking you and your organization to do what you can to make support for U.S. Army First Lieutenant Ehren K. Watada a priority in the coming weeks and months.

We believe that Lt Watada’s stand offers a historic opportunity to assert our power to challenge and end the illegal war and occupation and to support the courageous soldiers and officers who fulfill their commitment to refuse illegal orders to participate in illegal war, occupation and war crimes. We intend to make Lt Watada’s stand count as a significant step towards a better, just and more peaceful world.


International day of action; Mass mobilization at Ft. Lewis

Friends and Family of Lt. Watada is calling for an international mobilization of support the day before Lt. Watada is scheduled to be court marshaled – possibly sometime in September.

We are asking groups to begin planning demonstrations, rallies, marches, vigils and/or educational events at appropriate sites in your community (federal buildings, military recruiting centers, highly visible intersections, etc.).

Groups and individuals in the Pacific Northwest, and friends that can travel, are asked to converge at Fort Lewis (south of Seattle/Tacoma, north of Olympia) for the actual court martial and a series of educational events and actions prior.

Illegal war and occupation education and action campaign

We are asking supporters to make a concerted effort in the coming months to educate their groups, networks and community about Lt. Watada’s stand and about the illegality of the war and occupation of Iraq.

This could include articles in newsletters, on websites, letters to the editor, guest editorials, teach-ins, video screenings, etc.

We will send out updates and post information on the website with education ideas, resources (videos, ideas for teach-ins, down-loadable educational materials, etc), and more in coming days and weeks.

Goals for the Lt. Watada support campaign

These are the goals that are guiding the support campaign for Lt. Ehren Watada.

1) No punishment for Lt. Watada.

2) Build mass public support for Lt Watada and others who uphold international, military, and US law by refusing to participate in illegal war and occupation.

3) De-legitimize the illegal Iraq war and occupation.

4) Create a social, political and economic cost to prosecuting illegal war and occupation refusers and to continuing the illegal Iraq war and occupation.

スポンサーサイト
01:15 | イラク戦争 | comments (1) | trackback (-) | page top↑
朝鮮初級学校の男児が自転車の男にたたかれる  | top | テポドン発射・・・・それは何故?

Comments

# 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: | 2006/07/10 18:24 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。