--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Tue.

「愛国心」押しつけるためには解散も辞さぬ (武部幹事長)

 インドの対中国ミサイル発射実験、イラクでのシーア派による無差別殺人事件、小泉首相が昨日の記事で書いた基地攻撃能力に対して慎重論を唱えたことなどなど書くことはたくさんあるが、今日気になったのは教育基本法についての報道だ。
 TBSで06/07/10報道された「武部幹事長、教基法めぐり解散総選挙も」 というニュースで、自民党の武部幹事長が講演で、「教育基本法の是非を問う衆議院の解散総選挙もあり得る」、また、教育改革の重要性を強調した上で、「教育基本法の是非を問う解散総選挙をやったらいいと考える人は少なくないのではないか」と述べ、民主党をけん制したというのだ。つまり郵政民営化衆議院選挙での民主党の悪夢を思い出せ、そんなことになりたくないだろう。だから教育基本法改正に一緒に共同しろという意味だ。

 一方で、武部幹事長は、民主党だけでなく郵政造反議員に甘い言葉を投げかける。

武部氏、参院選支援条件に造反組復党示唆
 日刊スポ 06/07/11
 自民党の武部勤幹事長は10日の記者会見で、郵政民営化関連法案に反対して離党した衆院の「造反組」復党に関し「参院選に向けた振る舞いが大事で、党公認候補のために全力を尽くすなどの努力が必要だ」と述べ、来年夏の参院選での支援を条件に復党があり得るとの認識を示した。武部氏は同時に「復党はそう簡単ではない」と強調、「参院選で票が欲しいからといって、反省がみられない造反組に協力を求め復党させるのは難しい。国民から自民党がいいかげんとみられてはいけない」と述べ、改革路線継続への賛同も条件にすべきだとの意向を示した。

 つまり、自民党に本当は戻りたがっている「造反組」自民党員も、「改革」(教育基本法「改正」も当然含む)に賛同するのなら戻す可能性があるぞということだ。この人は「じゃけんほい サイトウケン」でもそうだったが、ある意味分かりやすい。嘘をついたら真っ赤になってしまうタイプだろう。自民党はまたも人の弱みにつけ込む方法に出てきた。民主党議員の方々、このような敵対的提案についてどう対応するか、それで参議院選の結論は大きく変わることと思う。今こそ、自民党とは違う二大政党を担う毅然とした態度を採られることを望む。
 「造反」元自民党議員の方々も同じだ。国会議員としての信念を貫くか否か、本当にこの国に住むものの事を考えるのか、自分の保身を考えるのか私たち有権者は目をみはって見守っている。



スポンサーサイト
02:18 | 教育基本法 | comments (0) | trackback (-) | page top↑
バグダッドバーニング再開  | top | 「やられる前にやりかえせ」 ミサイル防衛

Comments

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。