--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

バグダッドバーニング再開 

BB2.jpg

 7月11日付でイラク人女性のブログ「バグダッドバーニング」が再開した。今はとにかくリバーベンドが無事であったことがとにかく嬉しい。
6月14日から始まったバグダッドでの40、000人を動員した「スンニ派狩り」の中、リバーベンドは生き残っていたのだ。
 しかし、この大虐殺の中、リバーの親友が頭に銃弾を2発撃ち込まれ死亡していた。再開したバグダッドバーニングの文章は、これまでのリバーベンドの言葉と違い、アメリカなどの外国の軍隊に対する心からの憎悪がにじみ出ている。

かつて私がイラクにいる外国の軍隊に対して抱いていた同情は消え去った。アブー・グレイブでの残虐行為により、ハディーサでの殺害により、最近のレイプと殺戮のニュースによって、そうした思いは根こそぎなくなってしまった。装甲車に載った彼らを見るとき、正直に言おう―やつらが19歳だか39歳だかということを気にかけることなんてできない。やつらが生きて家に帰れるかどうか、気にかけることなんてできない。やつらが家に残してきた妻や両親や子どもたちのことに思いをはせることなんて、もうできない。恐怖のただなかにあるときに、そんなことを気にかけることなんて、できない。


 この言葉は、イラク戦争に今も「軍隊」を派遣する外国人の私には重すぎる。どんな状況にあっても外国の個人まで恨みを届かせることのなかったリバーベンドの心に残ったこの恨みは、どんな言葉やどれほどの時間が経てば癒されるのだろうか。「テロとの戦い」だといきまく、米英そして日本、この癒されない心の傷が、殺戮の連鎖を生み続けていくことになってしまうことにどうして気づかないのか。気づいているのだとしたら私はこの国の人間であること自体が嫌になるほど恥ずかしい。
 自分の隣の国がミサイル実験をしたことに大騒ぎし、恐怖におののくくせに、自分たちはこの一般市民の心まで砕くほどの恐怖と死と哀しみを与え続けていることを一人の人間として絶対に忘れてはいけない。
スポンサーサイト
00:50 | イラク戦争 | comments (2) | trackback (-) | page top↑
朝鮮学校の児童生徒への脅迫・嫌がらせ112件 | top | 「愛国心」押しつけるためには解散も辞さぬ (武部幹事長)

Comments

# 日本の加担している国家テロ(戦争)
リバーベントさんが無事であったことは嬉しいですが、やはり日記を休んでいた1ヶ月の間に、酷いことが起きていたのですね。アフガニスタン攻撃に反対の声を上げた人が「報復の暴力の連鎖を生むだけだ」と言っていましたが、リバーベントさんの心をこんなにもしてしまったのには、イラク戦争に反対しなかった日本政府、自衛隊を派兵させた政府、今なお、自衛隊派兵が人道支援だと信じている日本人の責任でもあります。地獄の苦しみを攻撃を受ける側の人々に与え、それには無関心で、自分とはなんら関係もない、と思っている人に、「北朝鮮は悪いけど、それをやっつけるといっている政府は正しい」、なんて言ってほしくないです。想像力を働かせてほしいです。そうすれば、DANZOさんのように日本人であること自体が嫌になります。リバーベントさんを少しでも日本人として助けることが出来るとしたら、自衛隊を完全撤退させて米軍に加担しないこと、そして今の与党を政権から引きずりおろすことです。今のままいったら、日本は無数のリバーベントさんを世界中に作ることになるでしょう。
by: 非戦 | 2006/07/14 08:18 | URL [編集] | page top↑
# 非戦さん こんばんわ
日本のメディアは今や北朝鮮一辺倒。
遠いイラクで自分たちが傷つけ続けている人がいることに意識を向ける気もないのですね。メディアに露出するコメンテーターも右翼的、右よりな人もイラク戦争は間違った戦争だというを頻繁に言う。だったら何故やめろといえないのだろうか。もう終わった戦争だとでも思っているのだろうか。
リバーベンドの言葉を政治家も個人も身に染みて感じるべきだろう。今私たちは、私たちに向けられた新しいテロリストを確実に生み出している。そして私たちは、イスラムとの宗教的確執も歴史的確執もないのに、軽い気持ちで「テロとの戦争」の泥沼に足を踏み入れていくことになる。
by: DANZO | 2006/07/14 21:48 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。