--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Tue.

「靖国の魔力」  加藤家放火、そして切腹

 終戦記念日の今日、小泉首相は、靖国神社を参拝した。靖国神社の前では、「天皇陛下の元に結集せよ」などの幟が上がる不気味な雰囲気の中、反対の声を無視し、しかも「公約だから」と自分を選んだ国民へと責任を転嫁して、参拝を強行した。前の記事でも書いたが、A級戦犯問題は決着してないなどという人がいる。しかし、これを生んだ東京裁判は「裁判」であって、とっくの昔に既に決着済みだ。内容的に言っても政治的にやり直すことはもともと想定されていないし、そもそも手続き上あり得ない。 責任論で私たちが考えるべきはスケープゴートの東京裁判に基づく法的責任でなく、私たち一人一人が感じる情緒的・道義的責任の涵養だ。今更、日本人が「東京裁判は間違い、A級戦犯はいない」などと訳の分からない議論をすることは何らの事の真相もついていないし、何より何ら利益を生まない。生むのは、ただ偏った反中反韓そして反日感情だけだろう。

 小泉首相の盟友と言われた加藤紘一氏は、小泉首相の参拝に反対し、追悼施設の新設を支持していた。今日のテレビ番組にもいくつか出演し、「積み重ねた中国との関係はこの5年で全て失われた」として、小泉首相の参拝に苦言を述べていた。

 そんな折、加藤氏の実家に火が放たれた。実行犯は他の新聞では「腹部から血が流れていた」なんて婉曲な表現をしていたが、朝日新聞のいうように割腹自殺だろう。
「靖国神社」というものは、追悼施設なんていうものではそもそもない。あれ自体、天皇制度と明治時代からの伝統を利用し、国民の意思を戦争遂行へと駆り立てるための装置であったというのが事実だ。多くの人には理解できない。しかし、いつの間にかその考えにとらわれる。それがカルト宗教の恐ろしさだ。
 この放火事件は、そのような「靖国」の不気味な「魔力」を顕しているのかもしれない。

加藤紘一氏の実家が全焼 男が放火、割腹自殺図る
朝日 2006年08月15日21時14分
 15日午後5時55分ごろ、山形県鶴岡市大東町、自民党の元幹事長加藤紘一氏(67)の実家から出火、木造2階建ての住宅と隣接する加藤氏の事務所計約340平方メートルが全焼した。現場には、男が腹部を切って倒れていた。鶴岡署はこの男が放火した後、割腹自殺を図ったとみて調べている。男は意識がない状態だという。
加藤紘一・自民党元幹事長の事務所(右)。裏手の棟続きの自宅とともにほぼ全焼した。

 加藤氏はこれまで、首相の靖国神社参拝をめぐり「参拝すべきではない」「個人の心の問題と考えること自体、大きな錯誤であり、外交問題だ」など批判的な発言を繰り返してきた。小泉首相が参拝した15日もテレビ各社に出演していた。県警は慎重に関連を調べている。
 調べによると、出火当時、実家の内部から煙が上がっていたという。男は50歳代とみられている。駆けつけた消防隊員が実家の敷地内で倒れていたのを発見し、市内の病院に搬送した。
 出火当時、実家で暮らしている加藤氏の母の於信(おのぶ)さん(97)は、散歩に出かけており、近くの美容室で保護された。事務所には女性事務員1人が勤務していたが、逃げ出して無事だった。

スポンサーサイト
23:24 | 靖国問題 | comments (8) | trackback (-) | page top↑
「右傾化する現代日本の若者たち?」ポリティーク(vol11) | top | 靖国問題

Comments

# ナショナリズム台頭の前兆でしょうか
DANZOさん。こんばんは。
「加藤紘一氏の実家が全焼 男が放火、割腹自殺図る」の報道。驚きました。

意見が異なるものに対する暴力が、まかり通る世の中になっては大変です。
ナショナリズムの波が、戦前のようにひたひたと押し寄せてきているのかと、不気味な思いがします。
by: nob | 2006/08/16 00:14 | URL [編集] | page top↑
# 現実を
>意見が異なるものに対する暴力が、まかり通る世の中になっては大変です。
 全くその通りだと思います。国家をあげて仕組まれているナショナリズムの煽動に軽い気持ちでまんまと乗せられてしまっている一部の若者たちは、この50歳代の男の行動という現実を直視すべきだと思います。
by: DANZO | 2006/08/16 01:28 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは はじめまして

私は今  疑問に思うことがあります

(1)なぜ 岸信介は同じA級戦犯なのに  無罪放免され 首相にまでなれたのか


(2)岸信介の孫 安倍晋三が 統一教会に 内閣官房長官の名で 祝電をおくるなど、 極めて おかしい関係を示す事実が 明白に取りざたされているのに、 民主党を含め なぜ 追及しないのか


(3)ロックフェラーをはじめとするユダヤ系軍事産業 オイル産業 ブッシュ政権と 統一教会 そして 自民党 岸信介 安倍晋三 北朝鮮 のつながり。

 自民党のそもそものなりたちに 鳩山一郎とユダヤ系の資本が動いたという事実。
(東京大学図書館も何を隠そう ロックフェラー財団寄贈だ。)

 そして 今回の一連のテポドン騒動。
 結局 最後に得をしているのは MDを売りつけることができたアメリカ軍事産業。

 この流れの中で 今回の一連の アメリカ軍事産業 戦争商売追随法案 (共謀罪 教育基本法 憲法 改正国民投票法 憲法改正)があった。

これは 何を意味しているのか。

 以上の点についての 先生のお考えをお尋ねできれば幸いです。

ちなみに 以上の事実は http://worldforum.jp/information/2006/09.html ←  リチャードコシミズさんの サイトを見て浮上したものです。

では失礼します。


http://worldforum.jp/information/2006/09.html ← 特に リチャードコシミズさんの サイト見て
by: 新党を欲する人 | 2006/08/16 14:05 | URL [編集] | page top↑
# 抵抗の日
 8月15日の夜になって、小泉の靖国参拝は、いよいよ新たな時代の始まりと自覚しました。それも真っ暗な時代。
 平和憲法を変え、天皇の靖国への公式参拝を定式化するための新たな法律を作り、結局、太平洋戦争は侵略戦争ではないことを国家を挙げて主張しようとするものです。それ故、日の丸・君が代そして教育勅語を子供たちに教えることにより、庶民を国民にし、愛国心を持たせ、お上に楯突く庶民を排除することに成功する。
 この第一歩が小泉靖国参拝です。
 これに向けて、何があっても抵抗し続ける私の覚悟を決めた日でした。何があっても私のブログで言葉でも抵抗し続ける覚悟を込めた日でした。
by: morichan | 2006/08/16 19:12 | URL [編集] | page top↑
# >新党を欲する人さん
はじめまして(ヤメ虻さんのところでお見かけしておりますが)
 なんだかご自分で答えを話されているようにも思いますけども(^^)
 一言で言えば

 ユダヤ教→アメリカ→自民党

というところでしょうか。
 リチャードさんのサイト見てきました。面白いし、概ね共感できます。ただ、ちょっとオウムのくだりだけ少しひっかかりますけども..。リチャードさんの言っているロックフェラーは、デービッドの方ですね。これからはGSのジェイロックフェラー、金融利権を貪るのでしょうね。
 いずれにせよ、上記の構造で、日本という国は、アメリカの「養豚場」(太らせて搾り取る)となっていると感じます。
by: DANZO | 2006/08/16 22:51 | URL [編集] | page top↑
# >morichanさん
> これに向けて、何があっても抵抗し続ける私の覚悟を決めた日でした。何があっても私のブログで言葉でも抵抗し続ける覚悟を込めた日でした。

 ほんと頑張りましょう。これは気づいてしまった人の義務なのかなと思います。とほほ...。
by: DANZO | 2006/08/16 22:53 | URL [編集] | page top↑
#
ご返事ありがとうございました。

何しろ わけのわからないことばかりで。

ただ 共謀罪 教育基本法 国民投票法の 流れ
を 作り出したものは と 探ってみたら これかと思い 知識人 言論人に 一斉攻撃を加えて もらうつもりで 投稿しました。

本当に やっかいな時代になってきたものです。

いわゆる 陰謀論と 片付けるのは簡単ですが とにかく この 悪しき危険な流れを 食い止めなければと 必死に頑張っています。

今後も ご意見賜りたく よろしくお願いいたします。
by: 新党を欲する人 | 2006/08/17 07:08 | URL [編集] | page top↑
# >新党を欲する人さん
おはようございます。
私は、根拠のない陰謀論だとは思ってませんよ。
それに私はPOFILEにもありますように、知識人でも言論人でもありません。ただ、憲法と法律で食べている人間ですから、将来の人たちが困るような法律だけは絶対につくらせないという気持だけは持ってます。
こちらこそどうぞ宜しくお願いします。
by: DANZO | 2006/08/17 07:33 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。