--.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑
Fri.

権力への脅威となるススメ ~共謀罪・国民投票法案強行採決の危機に際して 

今日は、約30名の弁護士らと一緒に国会へ行ってきた。教育基本法の特別委員会、憲法調査特別委員会の委員全員の事務所を回ってきた。もちろん、教育基本法「改正」反対と国民投票法案(改憲手続法案)反対の意見を伝えるためだ。
自民党議員に「教育基本法「改正」案や国民投票法案についての議員の考えはどうか」と聞いてみたのだが、答えは決まって「党が決めているので賛成に決まってる」というものだった。そりゃ確かに「反対」というとはこちらも思ってはいないが、気に入らないのは「党が決めているから」というくだりだ。
一個の政党の構成員が、皆同じ考えを持つしかない、これは非常に気持ち悪いことだ。
確かに法案を提出しているのだから、党としては改正・制定に賛成しているのは分かる。しかし、法案提出を全員一致の判断で決めたとでもいうのだろうか?例えば裁判だって、合議体なら3人の裁判官で意見が分かれる。判決として出てくるものは一つでも、それに反対する裁判官だっているのだ。それを多数決によって一つの結論に結びつけているだけだ。
 また、現在はこれらの法案の審議中だ。自民党議員がみんな同じ意見なら、何を審議する必要があるのだろう。委員会の構成は約40名だが、ほとんどが自民党会派(国会における単位は党員数でなく党とは離れた同じ考えで構成される「会派」という単位で計算されます)だ。この人たちがみんな同じ考えなら、これに対する反対意見の人と議論をして審議が初めて成り立つのに、同じ考えの自民党議員が延々喋り、反対意見を持つものに与えられる時間はわずか10分程度という有様だ。これで何の審議ができるというのだろうか。党の方針に逆らって、もと郵政民営化反対議員たちが自民党から追放された。この時から自民党内では恐怖政治のような状況になっている。一部の「あたま」が決めて後は、小選挙区制という滅茶苦茶な制度で大多数となっている自民党議員たちが、教育基本法も国民投票法もよく知りもせず(6月時点で会った議員のほとんどは法律を見たことすらなかった。そんな人たちが4か月で比較法的研究までやってるわけない)、自分の生活を考えて「党の方針」に盲目的に従っている。これが現実だ。これってどこかの一党独裁政権に良く似ている。どうせあれだけ数のいる自民党議員が皆カーボンコピーのような同じ意見しか言えないのなら、各党から一人ずつ委員を出して均等な意見を言える時間を使って議論をした方がよっぽど、意味のある議論ができるだろうに。大体、教育基本法なんて今国会で審議中なのに、行政府が同時に教育基本法が変わることを前提に教育改革政策なんて進行させるのは、国会軽視以外の何者でもない(この指摘をある弁護士がしたら、しどろもどろになったようだ)。
 と言いたいことは山ほどあるが、今日の本題は以下。
――――――――――――――――――――――――――――――――
 今日、TBでもたくさんいただいたのだけれども、同業者のヤメ虻さんのブログで共謀罪が強行採決の危機にあることが紹介された。情報元は海渡雄一弁護士で、この方は実は福島瑞穂(弁護士)社民党党首の夫なので、情報ソースはそこからだろうからその信憑性は高い。他のメーリングリストもこの話題で持ちきりだ。民主党は、共謀罪については「やっぱり一緒につくりましょ」ということはもう絶対にないので(民主党の自民党攻撃の最大の武器の一つになっているので)、自民党としては成立させるためには強硬手段しかもともとなかったのだ。ところが、北朝鮮核実験のおかげもあって、大阪・神奈川の補欠選挙が自民党優位に進んできているらしい。そのため自民党は補選が自民勝利になった場合には、強行採決に踏み切っても来年の参議院選は大丈夫という判断をするようなのだ。すごいせこい考えだが、実に自民党らしい。
 共謀罪なんて嫌だと思っている人、FAXでもメールでも手紙でも電報でもなんでもいい。声を国会へ届けよう。新聞社でもいい。そんなことしても意味ないんじゃ...と思うかも知れないが、通常国会での共謀罪強行採決を阻止できたように、実際のところ、こういった一人一人の小さな力が、大きな結果に結びつくことは確かなことなのだ。
連絡先一覧「薫のハムニダ日記」

 実は、こちらは表には出てない話だが、国民投票法でも同じような話がでているようだ。確かに補選後に共謀罪だけでなく、他の法案も強行採決に踏み切ってもおかしくはない。
ただ、国民投票の場合は、強行採決するには審議時間があまりにも短すぎるので、自民党としても体面が非常に取りづらい。通常国会では、実質的な議論はたった1回しか行われていない。わずか数回の審議で強行採決なんてしたら、下手をすると安倍氏はおじいちゃんの二の舞の事態になる可能性がある。かといって、通常国会のように「全体会」という一つの場で議論したら、どうしても回数・時間に限りがあり、一会期中に「十分な審議」をやりましたよーというポーズすら取ることは難しい。なんとか北朝鮮問題で沸き上がったこのムードがある内につくってしまいたいのが本音だろう。

 この場合に、自民党が採る方法として考えられるものは、「小委員会」制度を使うことだ。
 つまり、一つのテーマをばらばらにして、これをそれぞれ別の小委員会(班みたいなもの)に分けて同時に審議してしまおうということだ。

 これをやるとどうなるか。

実際のところ、特別委員会で本気で国民投票法案に反対している議員は、共産・社民の2名しかいない(枝野氏は民主党だが、通常国会の審議録をみれば分かるが彼は心の底から改憲派だ。)。この状態で、ばらばらの小委員会で同時に審議をされてしまうと、2人しかいないから、反対派の議員は数が足りなくなって全ての審議には参加できなくなるわけだ。仮に同時にしなくても、自民党議員は、ローテーションでくるくる回せるが、この2人の議員は2人だけなのでとてもついて行くことは難しくなるという寸法だ。
この方法は、とてもちゃんと議論して決めようという姿勢には思えない非常に卑怯な方法だ。自民党がもしこの方法をとる動きを見せたら、猛反対しなければいけないだろう。  
 この動きが出たときは、国民投票法案の強行採決のレッドアラートが鳴っている証拠なのだ。

 自民党はいつも同じ方法を使う、本来直接は関係のない事件で国民が不安になっているところへ、「この法律通せば大丈夫だよ」などと宣伝し、法律を見たこともない人たちがこの宣伝に騙されて通ってしまう。
 私たちは、権力者にとって、「脅威」を与える存在にならなくてはいけない。そうしないと、ただ言いように騙されて、権力者たちの都合のいいことばかり知らないうちにされ続けるのは当たり前のことだ。
 法律の世界の決まり文句に「法の不知は許さず」という言葉がある。
 一人一人が法律を知ろう。少なくとも作られようとしているその法律が、自分たちの不安についてどういう解決をしてくれるのか気にしよう。反対している人たちが、どうして反対しているのか聞いてみたいとちょっと考えてみよう。
 そうすることがB層などといって、黙っていれば分からないと考えている人たちにとって一番の「脅威」になるのだから。
スポンサーサイト
02:58 | 共謀罪 | comments (14) | trackback (-) | page top↑
民主主義 ~韓国と日本 | top | 格差と思考 ~忙しいあなたへ

Comments

#
DANZOさん、おはようございます。
国会、お疲れさまでした!
TBもありがとうございます。
私もファクスがんばりますね~!


by: さき | 2006/10/20 08:49 | URL [編集] | page top↑
# 心強いです
DANZOさん、おはようございます。

法律家の方々が国会議員に対してそういうアクションをしていること、とても心強いです。

私も私の声を国会議員に届けます。
by: 村野瀬玲奈 | 2006/10/20 09:05 | URL [編集] | page top↑
# >さきさん
こんな時に3日ほど出張で離れなくてはいけないのです。韓国の弁護士と一緒に北朝鮮核実験問題についての議論をするのですが、日本も大変な時期になってきましたね-。
何とかこの事態を早く広めないと取り返しがつかないことになってしまいます。
by: DANZO | 2006/10/20 17:43 | URL [編集] | page top↑
# >村野瀬さん
そういってもらえると有り難いです。やる気になります。
ただ、この問題は法律・憲法の問題なので私らがやらなくてどうするんだと私なんかは思っております。
頑張りましょう。
by: DANZO | 2006/10/20 17:44 | URL [編集] | page top↑
# 自民党、ふたをあければ、落選か。
 ま、世論調査では自民党への支持率は約40パーセントあるわけですが、投票日が迫ると有権者はどっちに転ぶかわかりまへんな。

 前回の総選挙では自民党と民主党の得票数はほぼ同じでした。支持率はダブルスコアやのにです。

 自民党議員は読みきれへんやろね。有権者の投票動向を。人間の奥深さでんな。

 自民党議員は、強行採決しますか。なるほど、してみなさいよ。え。あなたたちは、選挙区の議席をすべて失いかねないよ。それでもいいのだね。

 われわれは、一喜一憂しないよ。自民党・公明党の落選運動へ集中し、野党議員の当選へ突き進むよ。

 ま、強行採決すれば、自民党・公明党の議員の政治生命は、ちじまるだけだよ。どっちにしろ、落選するのは確実ですがね。

 ま、生き延びたければ、爪を隠して強行採決は止めといた方がかしこいんじゃないですか。

 せいぜい、悪巧みしてください。自民党と公明党議員に待っているのは、遅かれ早かれ落選のみです。

 さ、有権者、日本人民のみなさん。反自民、非創価・公明の野党団結でがんばろう。がんばろう。がんばろう。

 野党の機関紙誌をすべてご購読し、事実関係を知る努力をして、真実を言論で伝える対話運動を地を這うようにやっていきましょう。

 その場合、創価・公明には気をつけてくださいね。草の根のスパイ・密告者集団は創価・公明であり、彼らは自民党の手先であり、自民党政治の実現力ですので。

by: 東西南北 | 2006/10/20 23:12 | URL [編集] | page top↑
# むちゃくちゃな暴圧に激しい怒りが湧きました!
 06・10・22衆議院補選の結果は、神奈川・大阪もろとも、野党勢力が自民・創価・公明に叩き潰されました。激しい憤りを禁じえません。

 勝つまでやったれええええええ。

 創価・公明のてこ入れで負けたのや。明らかや。政教一体の選挙運動が、なんで違法に成らんのや。おかしいじゃないか。

 宗教政党が何故、合法政党なのや。

 自民・創価・公明連合勢力を半殺しの目に合わせてやりたい気分です。それにしても、それにしてもです。

 悔しいいいいいいいですね。日本国に社会正義を実現せなあかん。

 料亭豚らのせせら笑いと高笑いとばんざい三唱が耳障りです。うわあああああああああああああ。

 ということで、ストレス解消して、感情をさらけ出したところで。

 ふんっとに冷静沈着に野党の機関紙誌の購読・対話運動をしつこく推し進めて行くしかないですね。

 捲土重来、がんばっていきまっしょい。
by: 東西南北 | 2006/10/22 22:40 | URL [編集] | page top↑
# >東西南北さん
補選の結果、残念でしたね。
自分たちにどういう影響があるのか、その結果をきちんとした情報に基づいて考えた末の投票なら仕方ないですが、果たして本当にどういうことになるのか分かっているのやら...。参議院選までにもっと情報を伝えていく必要があるとおもいますね。
by: DANZO | 2006/10/24 00:59 | URL [編集] | page top↑
# ぎっくり腰でダイエットを考える
医学用語では急性腰痛症といいます http://aiwai.crosstudio.net/
by: | 2008/10/28 08:15 | URL [編集] | page top↑
# プロペシアはダイエットに効く?
プロペシアは飲む育毛剤です http://call.crosstudio.net/
by: | 2008/10/29 00:07 | URL [編集] | page top↑
# 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | 2009/04/17 18:14 | URL [編集] | page top↑
# 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | 2009/05/04 07:12 | URL [編集] | page top↑
# 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | 2009/05/04 07:29 | URL [編集] | page top↑
# 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | 2009/06/18 13:50 | URL [編集] | page top↑
# 承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
by: | 2009/06/18 14:14 | URL [編集] | page top↑

Post a comment.















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。